top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

『ブラタモリ』東京駅では鉄道好きタモリが走行音に興奮

SmartFLASH

 本誌読者に大人気のNHKの番組『ブラタモリ』。番組に出演した案内人が収録の裏側を明かす。

 放送時間が土曜19時半に移った2015年4月以降、初の拡大版スペシャルとなったのが、2015年7月20日に放送された「東京駅~巨大地下空間は歴史の生き証人!?」。

 この回では、オフィス街の「丸の内」から繁華街「銀座」まで、東京駅の周辺に広がる総延長約18キロの地下空間に隠されたさまざまな秘密を、タモリが独自の視点で解き明かした。

 数カ月前からスタッフと専門家が綿密な準備を重ねて迎えたロケ当日。案内人の地下空間利活用研究所所長・粕谷太郎氏は拍子抜けしたという。

 事前の段取りでは、『丸の内地下道は今年で78歳なんですよ』と粕谷氏が言うと、タモリが『私より年上ですね』と返し、粕谷氏が『ちなみに私も、タモリさんと同い年なんです』と言うと、タモリが『あら酉年ですか』という掛け合いをするはずだった。

 粕谷氏が苦笑いして言う。

「冒頭からタモリさんは『ああどうも』って挨拶もそこそこに、相槌を打つだけで、しゃべらないんですよ。焦った私は目の前にあった、使われなくなった明かり取り用の天窓の説明を始めたりして、間を持たせるのに大変でした。朝からのロケで、タモリさんは低血圧なんですかね(笑)」

 ロケが進み、地下鉄や下水道を通すための、地下街の微妙な傾斜や階段を案内するとタモリは興奮。取材中に発見された、50年前に東京駅直下に建設された幻の自動車道に初潜入するなど、学術的にも貴重だったこの回。

「タモリさんは、傾斜と鉄道が大好きですね。地下街でも壁伝いに地下鉄の走行音がすると『あ。電車だ』って、私とのやり取りが一瞬止まるんですよ」

TOPICS

ランキング

ジャンル