top_line

染谷将太演じる織田信長が今川義元を追い詰める!今井翼も登場『麒麟がくる』第21話

テレビドガッチ


長谷川博己が明智光秀役で主演を務める大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』(NHK総合・毎週日曜20:00~)。6月7日放送の第21話「決戦!桶狭間」では、桶狭間の戦いが描かれる。

脚本は、大河ドラマ第29作『太平記』や『夏目漱石の妻』(NHK総合)、『破獄』(テレビ東京系)を手がけた池端俊策、語りを市川海老蔵が担当。大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光をあてたオリジナル作品で、物語はまだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描いていく。

光秀らによる今川から元康(のちの徳川家康/風間俊介)を離反させる工作は失敗に終わった。織田信長(染谷将太)は、父・信秀の教えを思い出し、今川が本当に噂されるような2万もの大軍であることを疑い、前線へ出陣する。局地戦を展開して今川義元(片岡愛之助)自ら率いる本隊から徐々に兵を引き離す作戦を決行する。

一方の元康は、三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気が差し始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否。そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は桶狭間山での立ち往生を余儀なくされる。そこに織田の軍勢が襲いかかり……。

なお信長の家臣、毛利新介役で今井翼が出演。今井は「大河ドラマには今回で3回目の出演となりますが、今川義元にとって重要な回に出演できたこと、心から感謝しております。今川義元を討ち取るという要の役を演じるにあたり、毛利新介の出世欲、強い執念を目的に演じさせていただきました。身に余る演出をつけていただき、胸が高鳴る時間を過ごさせていただきました。壮大な桶狭間の戦いのシーンに是非ともご注目ください」とコメントしている。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル