top_line

液体感ハンパねぇ!最新アプデで進化した『Half-Life: Alyx』の酒瓶をひたすら揺らしてきた【特集】

Game*Spark

液体感ハンパねぇ!最新アプデで進化した『Half-Life: Alyx』の酒瓶をひたすら揺らしてきた【特集】

Valveが手掛けるVR専用アクションアドベンチャー『Half-Life: Alyx』。本作をプレイした筆者は、グラフィックやゲーム性、ストーリーなど、全てにおいてハイクオリティな出来に、『ファイナルファンタジーVII』や『バイオハザード』に初めて触れたときの衝撃を思い出しました。

そんな本作は、現在もクオリティを向上させるアップデートが実施されており、先日の1.4アップデートによってリアルな液体表現が追加されました。

リアルな液体表現といっても、酒瓶に入った液体がちゃぷちゃぷと揺れるようになっただけなのですが、ValveのビジュアルエフェクトアーティストMatthew Wilde氏は、「この“Boozy液体シェーダー”の制作にはロックダウンの中でかなりの時間を費やし、多くの研究が必要であった」と述べており、最新の技術や絶え間ない努力によって結実したものだとわかります。

今回筆者は、そんな液体表現によって魅力的になった酒瓶を揺らしまくってきたので、レポートをお届けします。

酒瓶の中の液体が揺れて感動した!

早速、赤ワインっぽい酒瓶を揺らしてみました!

……すごいの一言です。

プレイヤーが好き放題揺らしても、不自然さはなく重力に従っているかのような動きをします。無論、酒瓶には実際重量はありませんが、液体が含まれたことで持っていて重みを感じるようになったと思いました。少なくともそう錯覚しました。

なお、酒瓶を敵に投げつけても足止め程度しか効果がなく、戦闘において有利になることはありません。さらに、瓶の蓋を開けて実際に飲むことはできないので、これまで通りただのオブジェクトのひとつです。


縦にちょこちょこ揺らすだけではなく、横にして揺らしてみました。波打つような動きが際立ってリアルに感じますね~!


この酒瓶は、どうやら炭酸系飲料なのかシュワシュワと泡立っています。泡立っているところを見ると、なんだかのどが渇いてサイダーが飲みたくなりますね。まあ、蓋が閉じているならこうも泡立つはずがないのですが、「リアリティ」と「リアル」は違いますからね。

思いっきり振ってから瓶の蓋を開けて炭酸を放出してみたいのですが、前述したとおり瓶は開けられません。ドバーーーとしたいので実装してくれ!


この動画では、色んな酒瓶を並べて倒しています。酒瓶が一斉に倒れても液体に不自然な動きは見られませんでした。

こうやって並べると本当に目の前に酒瓶があるようで、なんだかこれを全部割ったら誰かに怒られるんじゃないかと心配になりました。ちなみに、倒した酒瓶は筆者が責任を持って全て割りました。楽しかったです。


酒瓶をちゃぷちゃぷ揺らすだけの感想を綴るという謎のレポートをお届けしましたが、いかがでしたか?

酒瓶の液体表現自体は細かな演出に過ぎないため、ひたすらちゃぷちゃぷしていくうちに「おぉ!すげぇ~~!」と感動していた自分はどこかに去ってしまいました。最終的に、なんの変哲もないオブジェクトとしてゲームの世界に溶け込んでしまいましたが、むしろそれこそがこの液体表現の目的であり、ゲームプレイ時の没入感を高めていくことになるのではないでしょうか。

この液体表現が細かな演出だけではなく、謎解きなどのゲーム要素に使われたら……と、今後の活用方法にも期待したいですね。

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル