top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】

UtaTen

反省の多い初ワンマンもOTTらしく受け止める!




──色々なコンテンツの用意された初ワンマンでしたね。DJタイムの田中さん、センスが輝いてましたね〜!

永見・坂本・岸野:よかったじゃ〜ん!!



田中:ありがとうございます!


──永見さん坂本さん田中さんにとっては今までいなかったタイプのお客さんを前でOTTとしての自分たちを表現する場になったかと思うんですが、どういった意気込みでワンマンライブに臨まれましたか?

坂本:(岸野のNMB時代のファンが多くても)関係なくやってやろう!と思ってそうやっていたんですけど、里香ちゃんが1人で歌うコーナー。あそこでの盛り上がりが(笑)!やっぱそういうことかぁっていうのは思いました。けど、この熱とか盛り上がりをバンドで取り込んでいかなあかんのやなっていうのが次のワンマンライブへの課題としてはっきりしたところですね。


──確かに、今まで体感したことのないタイプのレスポンスが来たという感覚なんでしょうね。

坂本:こんなに盛り上がれるし、一体感が作れるのか!って感動したし、バンドとしてそこまでキャッチボールができた感じがしなかったので、あれを超えていきたいですね。


──坂本さん、すいません、前髪どうされたんですか!?

坂本:これは藤田嗣治さんを意識してます!

田中:画家の!?

坂本:そう!

岸野:いいと思います。

坂本:この髪をやってくれたスタイリストの方と、ライブで帽子がどうせ飛ぶんやったら飛んだ後にも何かある方がええんじゃないかって事を話しててこうなりました!

永見:キャラ立ちしてる。

坂本:ビジュアル的に惹く担当を、僕がしたいなって思ってます(笑)。


──すいません話を逸らしてしまいました(笑)。永見さんはワンマンライブ

永見:ワンマンライブに向けての準備期間が短かったし、曲作りに追われながらゲネプロを迎えて、ゲネプロでも反省がいっぱいあって。不安を多少抱えながら本番を迎えたんですけど、楽しむことが1番っていう気持ちで臨みました。でも、始まってみたら声出すセクションで声を出したりレスポンスを返してくれる方がいっぱいいたので“これは楽しいことになりそうだな”って先が楽しみになるワンマンライブになりました。


──MCがとても楽しかったです。きっと、全くOTTを知らない人が聞いていても楽しいんじゃないかと思いました。

坂本:里香ちゃんのMCはめちゃやりやすいというか、テンポがいいですよね。和也くん(永見)とかは話しづらいよなぁ。

全員:(笑)

永見:(岸野は)ライブのMCでも本当に頼りになる。

坂本:男同士でも話しようよ!

永見:それいるかな!?(笑)

坂本:絶対みんな喋った方がいいって!

永見:次のワンマンライブの目標がまた1つ出来ました。

岸野:普段喋ってる時とMCではやっぱり違うと思うので、ステージの上で和也さんがどういう反応してくるのかなって(笑)。


──そうですよね、岸野さんから見た初ワンマンはいかがでしたか?

岸野:知っている人たちがたくさんいらっしゃって、暖かく見てくださっていたっていうのは成功につながる大きい要素だと思ってます。その人たちがいたからこそこうやって成功できました!っていうことは言えると思うんですけど、バンドとしてはさっき和也さんも言っていた通りすごいバタバタで、私もライブがどんな感じになるのかってわからなかったので、どうなってもいいやっていう気持ちでやりました。


──なるほど。

岸野:本番前に「知らんで?どうなってもいいよな?!」ってメンバーに言ってからステージに出て行ったんです(笑)。勢いに乗ってはじめから飛ばしすぎたんで最後の方バテたかなっていうのが反省点としてあるんですけど(笑)、初のワンマンとしてはパワーもあったし、これで良かったんじゃないかなっていうライブができました。
次のワンマンに向けては、もっとバンドの一体感を出していけたらいいなっていうことも思いましたね。


──反省点があったということはみなさんおっしゃっていましたが、みなさん自身がOTTというバンドを模索している様子が良い意味でも悪い意味でも見て取れた気がしました。初ワンマンを通して、自分たちが1番気持ちのいいところとか、しっくりくるスタイルっていうのは見えてきましたか?

永見:それは大いにありましたね。シングル1枚しか出してないのにあれだけ声が返ってくるのはいいことだし強みなので、もっとお客さんに参加してもらいたいっていう欲も増えましたし、それを今後の曲で反映させていけたらっていうことも思いました。


──田中さんはライブの感触としてはいかがでしたか?

田中:みんなも言ってくれた通り今までやってきたお客さんとは違いますし、どんなライブになるのかって本当に想像がつかなかったんですけど、直前に吹っ切れたっていうのは僕もありましたね。自分たちが今やれることをやろうってステージに出たらお客さんが暖かくて。広い気持ちで迎え入れてくれた感じがあったんで、それに助けられた部分が大きかったです。その空間を大きくしていきたいなっていう想いがより強くなったワンマンライブでしたね。


──反省点はありつつも、OTTらしく前を向いていらっしゃるんですね!

坂本:前向きです!

岸野:だいぶ前向きです!終わった時達成感しかなかったです、3キロくらい痩せた気もしたし。


──次のライブのビューっていうものは岸野さん的には見えてきていますか?

岸野:次のワンマンではもっとひとつになれる気がします!お客さんとも私たちも。

永見:初ワンマンの後もライブはやってきたんですけど、ワンマンの成果が出ている感触はありますね。

坂本:だいぶ変わった。あとは和也くんがどうMCで出てくるかって(笑)。


──初ワンマン後のライブでのMCは順調ですか?

岸野:そういえば、一回夏樹さんにMCの事で怒ったことあります!愛媛でのライブMCで、前日に夏樹さんと体験した怪談話を話して、最後に夏樹さんに振りますっていう打ち合わせをしてたのに、本番で私が話してる途中で話に入ってきてオチを全部言ったんですよ!それにめっちゃ怒って捌けた後「ナッキーさんあれはほんまにナイ。」ってガチギレしました(笑)。


──やば!

岸野:そこから最後まで不機嫌でした(笑)。でも終わった後すっごい謝ってきましたね、「里香ちゃん、聞いて?」って(笑)。

坂本:そういうの言わなくていい〜!

永見:俺それ知らんかった(笑)。

田中:恥ずかし〜〜(笑)!だからか!僕が最後に楽屋に戻ったら、楽屋に向かう階段の踊り場のところで(坂本が)体育座りして落ち込んでた(笑)。

岸野:そうなん!?(笑)

田中:雰囲気やばすぎて無視しましたもん!

岸野:家に帰ってからもLINEで長文で謝りのメールが来ました。

永見:やっば!(笑)

岸野:そんだけ謝られたらね、許しますよ。

坂本:よかった(嬉)。怖かった(笑)。


大満足のセカンドシングル『ビバ無我夢中』




──初ワンマンでも披露されていた『ビバ無我夢中』『Youthful Days』『サヨナラには負けない』ですが、やっぱりライブを意識しながら作られたような?

坂本:そうですね。

永見:みんなに参加してもらうポイントを作ったりとか。

岸野:タイトルコールも一緒に言ってもらいます!あと、サビで行進もあります!開発したのはユッキーなんですよ。

田中:ドラムで行進するような叩き方を何かの曲で使えないかなぁってことをずっと考えてたんですけど、たまたまライブのリハーサルでやってみたら『ビバ無我夢中』でいけるかもしれない!ってなって(笑)。それで勝手にやってたらいいじゃんって言ってもらって、行進をみんなでやってみようってことになりましたね、僕らがやるとポップに可愛くなりすぎないから(笑)。

永見:可愛くなれなかったよね(笑)。


──この『ビバ無我夢中』をシングルのタイトル曲として出した理由は?


永見:『僕らの旗』ではバンドの勢いを出せたと思ってて、セカンドではOTTの楽しい部分というか、普段の素の感じも見えるような曲だったらいいなっていう想いがあったので『ビバ無我夢中』を選びました。この曲のデモはファーストシングルを出す時点からあったんですけど、里香ちゃんがメロディーを気に入ってくれてて。

岸野:この曲は何曲かあったデモの中でいちばん好きな曲だったんです。というか4人ともお気に入りの1曲だったんで、今回表題になって嬉しいですし、この写真の感じも好きです!ファーストシングルよりも自分たちらしさが出せてるし、ラフな気持ちで全ての制作ができた感じでしたね。


──メロディーはサビがキャッチーですし、耳馴染みがすごくいいですよね。

永見:これがセカンドのタイミングでよかったなって思いますね。ファーストの時より里香ちゃんの歌が、ライブを重ねて確実に進化してると思うんです、いろんな歌い回しが身についてきていると思うんですけどそういうところも『ビバ無我夢中』で出せたんじゃないかなって思います。


──歌詞はzoppさんという作詞家さんが書かれているんですね。

岸野:はい、実はもともと別の歌詞もあったんです。それとは違った感じで私はすごく気に入ってるんですけど、難しいと感じた部分もありました。今は歌っているうちに自分のものにできているんじゃないかなって思っています。


──もともとあった歌詞を変えてzoppさんに作詞を依頼したのはどうして?

永見:もともとあったテーマを深く広げていただいた感じですかね。元のメロディーの譜割りに対しての歌詞のはめ方が変わってきたので、(メロディーを)作っている側としては、面白い化学反応を出していただいたなって思っています。


──確かに、今くらいの言葉の詰まり方だと勢いで歌える感じもあってノリが良く聴こえますよね!

永見:そうですね。

岸野:自分たちで書いた歌詞よりも文字の数が明らかに多かったので、どういうことやろ?って思ったんですけど、聴くとそれが身体にスッと入ってきましたね。めっちゃいいやん!って感じになりました(笑)!

永見:頼もうと思ったのも、このセカンドシングルのタイミングで歌詞の幅を広げてみたいなっていうのもありましたね。

岸野の鋭い音感と永見の意外な特技発見!




──この曲は前奏がなくバンドとヴォーカルが一緒に始まりますが、レコーディングやライブで難しいと感じたことは?

岸野:う〜ん、大丈夫!

永見:そういうの得意みたいで。

坂本:ライブで繋ぎを入れるんですけど、前の曲とキーが違ってもバッチリ歌始まりで合わせてきてくれるんですよ。どんだけゴチャッってなってても。

岸野:考えすぎてもわからなくなりそうなんで、勘で行ってます(笑)!!


──MVがなんだか面白いことになったそうですね!?

坂本:そうなんですよ!僕たち、結構細マッチョなんですよ。

永見:ちょ(笑)!

田中:何アピール!?

坂本:スタイルも良いんですが、脱いでもすごいんですよ。


──(笑)!!!

坂本:MVどうする?ってなった時に、僕ら(坂本・永見)陸上やってたし2人で陸上の試合してみようよってなって、じゃあ僕(田中)水泳やってたから水泳やるって流れになったんですけど、どうやって一緒にするんだってハテナが浮かんだ話し合いだったんですけど、それが採用されてしまって(笑)。


──そんなぁ(笑)!

田中:俺は己と勝負している感じですごいシュールですよ(笑)。

坂本:MVの内容が決まってから各々でトレーニング積んで、さらにキュッと締まった感じで臨みましたね!

岸野:ガチでやってたんですけど、いざ映像で見てみるとシュール(笑)。

坂本:(田中の)水泳の方のシーンとかはシャワーシーンもあったり!

田中:そこ好きで100回くらい見てますよ!

全員:(笑)!


──岸野さんは何をしていらっしゃるんですか?

坂本:ほんまやで(笑)。

岸野:私は、よ〜いバンッやっただけです(笑)!みんな疲れてて面白かった!

永見:僕がコケるシーンがあるんですけど、里香ちゃんが寄ってきてくれるのに笑っちゃっててもう…(笑)

岸野:あれは笑っちゃいました!


──では何回か撮り直した感じだったんですか?

岸野:はい!

坂本:彼(永見)コケるのめちゃくちゃ得意でスタントマンかと思いましたよ!毎回同じところでしっかりコケるんだよね!

永見:ちゃんと(ドヤ)!


──すごい(笑)!これメイキングとかないんですか!?

坂本:それがですね〜、あるんですよ!!

岸野:めっちゃ見て欲しいです!

坂本:ワンマンの映像が入ってる方の初回盤Aももちろん面白いんですけど、個人的には初回盤Bおすすめしたいですね(笑)。


──初回盤A、Bと通常盤の3種類あるんですね、皆さんお気に入りのジャケットは?

岸野:私はBですね!

田中:僕もBかな。

坂本:僕ジャケットはAが1番キツかった。

田中:(笑)!足浮いてるもんね!

永見:僕これ背中支えてるんですけどすっごい汗かいてましたよ(笑)。


──私個人的にもこのジャケット全部大好きなんです。この輪っかに入りたくなる感じ!

坂本:そうやって輪っかが広がっていけばいいですよね!カッコつけてるだけじゃなくて、楽しそうなバンドって思ってもらえたら嬉しいですね!


全A面と言えるほどのカップリングたちも見逃せない!




──『Youthful Days』はどういった曲?

永見:普段はサビから作っていくんですけど、『Youthful Days』は2個サビを作ってて、これを組み合わせたら面白いんじゃないかなって思ってサビのつもりで作っていたメロディーをAメロにした曲です。

岸野:この曲はタイトル曲になる予定だったんですよね。

永見:基本的にOTTはB面と呼ばれる曲もA面になれる曲を入れようって思っているので、この曲も自信持って“良い”と言える曲です。



──OTTの曲はDメロが独特な印象ですが、サビから作られてDメロって言うのはどのタイミングで作られるんですか?

永見:絶対最後ですね!アウトロまでできた後にできます。一応アウトロを作る前に書くんですけど、しっくりこなくて結局いつも最後になりますね。

岸野:そうなんですよ!いつもレコーディングの直前に変わるんです、しかも難しいのが来るんです(笑)。

永見:Dメロは強いものにしたいなっていう想いがあるんで、いつもギリギリまでかかっちゃいます。


──なるほど。こういう応援ソングって、ある意味人の心に素直に入っていくのが難しいところもあると思うんですが、岸野さんが歌う時に特に意識していることは?

岸野:やっぱり、話すように歌う!

永見・坂本:うんうんうん、確かに。

岸野:リズムももちろん大事なんですけど、歌っている時に歌い方のことまで考えられるようになってきているので『Youthful Days』は歌詞が伝わるように話しかけるように歌うっていうのを心がけています。


──『Youthful Days』と『サヨナラには負けない』は音数も多くてバンド感が出まくってる感じですよね。

岸野:音数も歌詞の文字も多いんですけど、伝わるように歌えてたら良いなって思っています!


──前作ではただただ必死に歌う!って印象でしたが、かなり細かいところまで意識されるようになったような?

岸野:そうですね!ボイストレーニングも本当に大事に頑張ってて、今まで気にできなかった部分も意識できる余裕が出てきたように思います。


──今までグループ中の1人として歌われていたから、自分の声だけを聴いてもらうってなると歌い方もだいぶ変わってきますよね。

岸野:そうなんですよね。まだ身体の中に残ってるんだと思います。


──では『サヨナラには負けない』について詳しく伺っていきますが、最初のフレーズどうしたんですか!


永見:4人がそれぞれ前のグループの活動が一旦止まったタイミングだからこそ歌える曲っていうことでこういう歌詞になっているんですけど、あえて「解散」って入れることでインパクトを狙いました!最終的には前を向ける歌詞になったんで、そのための良いフックになったと思います。


──「「1%に賭けた」それが青春でしょう」っていうフレーズ、良いですね、学生時代とか思い出す。

全員:ありがとうございます!

永見:確かに、部活動とかしている学生が卒業するタイミングってイメージしながら書いたかもしれない。頑張っていたことから離れてみて、初めてわかる自分の姿とか、友達の大切さとか、そんなところももう一度感じてもらえたらなって思います。


──この「サヨナラ」っていうのは、青春や理想とのサヨナラという風に捉えていいんでしょうか?

坂本:そうです!


──読み込みがいのある歌詞ですよね。

坂本:やっぱり1.2曲目がストレートな歌詞なので、こうやって考えてもらうか知って面白いですよね。シングルの中でも差があるものになればいいと思ってこの曲は入れたんで、いい意味で反対方向にいる曲になってるのかなって思います。

永見:社会もバンドもそうですけど、筋の通らない出来事にぶち当たることってあると思うんです。それを自分の気持ちと1個ずつ向き合って解決していけばいいんだっていう想いが通用しないもどかしさを飲み込んだ複雑な気持ちも込めて皮肉のように書いた部分もあるかと思います。


──ではメンバーの皆さんそれぞれもこの曲に対する想いはそれぞれだったりするんですね。

全員:そうですね。

岸野:やっぱり私にとっては卒業の時がフラッシュバックしてくるような歌です。「サヨナラに負けない 絆はヤワくない」っていうところは私にとって、NMBメンバーとか私より先に卒業していったメンバーもそうで。本当に色んな思い出とか想いが詰まってますね。サヨナラには負けないって言いつつも、サヨナラとは思っていないっていうのが隠された意味なのかもしれないです。

永見:ワンマンにNMBの1期生の子とかも来てくれてましたもん!ステージ裏で会って泣きながら抱き合ってるところがかなり感動的でした。僕も15年やってたバンドを去年休止してるので、やっぱり色んな想いはありますし絆がそこで終わるんじゃないってことは実感してますね。


最後に…




──皆さんが収録曲の中で特に好きなフレーズをピックアップしてご紹介頂きたいです!

坂本:僕はやっぱり「本日僕らはここで見事解散するけど」ですね!

永見:僕は「夢を狩りに行こう」ですかね!

岸野:『Youthful Days』の「楽しもうよ 最高のYouthful Daysさあ 行こう!」ですね!シンプルに素直になれるフレーズかなって思います。今気づいたんですけど、「最高の」と「さぁ 行こう!」ってダジャレなんですよ!!


──またですか(笑)!!!前作は武道館と丘がかかってましたもんね(笑)。

坂本:全員気づいてるのかと思った!

田中:今知った!

坂本:これも韻ではなくて親父ギャグっていう。


──田中さんのお気に入りのフレーズは?

田中:僕は『ビバ無我夢中』の「諦めたり誰かのせいにするのは 簡単だけどもうやめにしよう」ですね。ちょっと真面目すぎ(笑)?

岸野:いいですよ、いいですよ。

田中:この歳になって特に、失敗も成功も結局自分次第だなっていうことを思うんで、身が引き締まるフレーズですね。


──ありがとうございました。それではみなさんから最後に一言ずつお願いします。

岸野:Over The Topはワンマンライブも終えて今は対バンライブとかインストアライブで各地を回らせていただいたりしているんですけど、ファーストシングルが出てからここまでで自分たちが変わったことを実感できているんで、やっぱりこれからもたくさん対バンをしていきたいんです!1人でも多くの人にOver The Topを名前だけじゃなく“こういうバンドなんや”っていうことまで知ってもらいたいですね。頑張っていきます!!

坂本:今もやっぱりCD売れてほしいから、特に初回盤のBね!このメイキング映像がめちゃめちゃ面白いんで観てください!絶対に!!

全員:(笑)

永見:里香ちゃんも言ってたんですけど、ライブをどんどん重ねてOver The Topを認識してもらいたいっていうのがあって、バンドとして歩むべき道は逃げずに一歩ずつ踏んでいきたいので、とにかく対バンで勝っていけるバンドになりたいです!よろしくお願いします!

田中:特にこのバンドは“大人に作られたバンド”って見える部分ってあると思うんですけど、そういう部分を払拭していきたいです!僕らはちゃんとしたバンドなんだっていう部分をライブハウスの対バンで示せていけたらって思います。

この間ライブハウスでのライブの時里香ちゃんが、「今日気づいたことがあるんだよね。里香、獲りに行くのが好きやねん!!」って言ったのを聞いて、“コレだな!”って思ったんですよね。だからとにかくこれからも対バンに力を入れてやっていけたらなって思ってます。ありがとうございます!

TOPICS

ランキング

ジャンル