top_line

テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

Game*Spark

テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフは否定【UPDATE】

『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるチェコの開発会社Bohemia Interactiveの株式の大半を、中国のテンセントが入手したことが明らかになりました。

海外メディアThe Informationによると、テンセントが購入した株式はおよそ70%から80%で、購入額は約2億6,000万ドルとのこと。両社は2018年にも提携を行っており、サンドボックスゲーム『Ylands』を中国国内のプラットフォームWeGame向けにリリースした実績があります。

なお、今回の株式購入について海外アナリストのDaniel Ahmad氏は、「テンセントには自社ブランドのサンドボックスゲームがなく、『マインクラフト』を中国で販売する権利を保有しているNetEaseとの競争をさらに強化するため」ではないかという分析を行っています。

Just for information, news about @bohemiainteract being acquired by Tencent are NOT true. BI remains independent and keeps working on its very Bohemian games. Now back to making some… :)— Ivan Buchta (@IvanBuchta) June 3, 2020
ですがこうした報道が流れる中で、Bohemia Interactiveの現役ゲームデザイナーであるIvan Buchta氏は自身のTwitterアカウントにて、この買収を「事実ではない」として否定。同社は現在でも独立性を保ったままでゲームを作り続けているとしています。記事執筆時点で、テンセントおよびBohemia Interactiveの公式声明などは発表されていません。

※UPDATE(2020/6/3 18:50):Ivan Buchta氏のツイートを記事に追記しました。

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル