top_line

原因不明の肌荒れや湿疹…それはストレスによる『心因性じんましん』かも?

ママテナ

原因不明の肌荒れや湿疹…それはストレスによる『心因性じんましん』かも?(C)ママテナ ストレスが原因で発症するじんましんがあるのを知っていますか?
原因不明で皮膚に肌荒れや湿疹が起こっている場合、ストレスが原因かもしれません!

ストレスが多く、抱えきれなくなったときに発症する

誰もが何かしら抱えているストレス。

それが、あまりに負担になってしまうと、じんましんを発生させます。

ストレスが原因で起こるじんましんが、心因性じんましん。皮膚に肌荒れや湿疹などが現れます。

ストレスが軽減することで、自然に治ることがありますが、できてしまったじんましんをかくと、症状が広がることも。

ストレスが原因でも、できた箇所は刺激を受けると悪化するため、注意が必要です。

心因性じんましんは神経症、心身症、躁うつ病などのほか、情緒不安定、自律神経失調症の人がかかりやすい病気とされていますが、本人に自覚症状がない場合も。

自分では大丈夫と思っていても、精神的な負担は確実に体にかかっており、その反応がじんましんとなって現れるのです。

心因性じんましんは、強いストレスを感じたときに出るわけではありません。

ストレスが溜まりに溜まって、抱えきれなくなったときに発症するもので、発症するきっかけは小さなストレスの場合もあります。

一般的なじんましんは、アレルゲンとなるものを取らないようにしたり、皮膚に摩擦が起こらないようにするなど、原因となることをしないようにすると改善されます。

心因性の場合は、ストレスそのものをなくすことは難しいので、根気よく生活習慣で改善していく必要があり、時間がかかります。

ストレスを発散する時間を生活に取り入れて

じんましんが出てかゆい場合は、患部を濡れたタオルで冷やすなどすると治まります。

また、香辛料など、辛いものは、発汗を促すため、じんましんができているときは避けた方がよいでしょう。

病院では、心因性じんましんでも、ほかのじんましんと同様に、抗ヒスタミン剤を処方します。

ただし、これはじんましんを発生させる物質の分泌を抑えるもので、対処療法のひとつ。

不安がストレスの主な原因になっている場合は、抗不安剤などを用いる場合もあります。

そして、根本原因となっているストレス解消のためには、まず睡眠時間を確保しましょう。

睡眠不足は、疲労が蓄積し、体にかなりのストレスを与えます。

1日7時間を目標にしたいところですが、多忙でなかなか時間が取れない場合は、睡眠環境の見直しをしてみて。

肌触りのよい寝具にするなど、深く眠れるように環境を整えるだけでも、疲労の回復が違ってきます。

また、ウォーキングなどの軽い運動や、読書など趣味に没頭する時間を作ることでもストレス解消が。

ストレスはさらなる重い病気を引き起こす原因にもなるので、一度生活を見直すいい機会と思って、取り組んでみてはいかがでしょうか。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと



TOPICS

ジャンル