top_line

木村カエラの魅力とは?カラフルでポップで独創的!?

UtaTen

木村カエラの魅力とは?カラフルでポップで独創的!?

カラフルでクリエイティブ!




木村カエラは、歌手であり、女優であり、 タレントでもあります。

彫りの深い顔立ちに軽快なトークが持ち味の、木村カエラのモデル時代のファッションはとにかくカラフルで独特。

そんな独創性は、歌手・木村カエラとしても発揮され、彼女の歌には色とりどりのカラーが散りばめられています。

いったい、木村カエラの何が私たちをそんなに魅了するのでしょう。

彼女の魅力や楽曲について、今からじっくり紹介します!

木村カエラとは!


▲木村カエラ – 時計の針~愛してもあなたが遠くなるの~ Music Video(Short Ver.)

木村カエラは、1984年10月24日、日本人の母親とイギリス人の父との間に生まれました。

「カエラ (Kaela)」は本名の、ミドルネームにあたる名前なんだとか。

名付け親は彼女の祖母で、デビュー当時はよく「カエル」と間違えられたと、コメントしています。

身長は153.5cmで、雑誌「SEVENTEEN」の元専属モデル。

肉好きの大食いですが、食べても太らないらしく細身の体型です。

2004年、当時出演していたTV音楽情報番組『saku saku』の企画として、インディーズシングルを390枚限定で販売すると、発売当日たったの3分で完売。

それをきっかけに、6月にメジャーデビューしました。

2005年、TVCMソングに起用され、そのCMに木村カエラ自身も出演したところ大ブレイクし、知名度は全国に広がります。

夫は俳優の永山瑛太で、子どもが2人、義弟は俳優の永山絢斗です。

木村カエラの魅力!


▲木村カエラ – ZIG ZAG feat. BIM (Official Audio)

木村カエラといえば、独特な可愛らしさとオシャレ感。

結婚して2児の母になった現在でも、相変わらずチャーミングですよね。

家庭と仕事の両立は大変でしょうが、そんなことを微塵も感じさせずに、ライブ活動をこなし、音楽でもファンに夢と勇気を与えてくれています。

彼女のライブを一度でも観れば、歌番組とは違う一面を見ることができますよ。

ロックであれバラードであれ、あの小さく細い体で見事に歌い、オーディエンスをあおるその姿は、プロのロック歌手も驚くほどにパワフル。

力強くロックを歌い上げる姿、ポップでキュートなかわいらしさや、妖精のような華麗さ、どの表情の木村カエラも輝いていて、とても魅力的です。

木村カエラの魅力はなんと言っても、聴く人が思わず笑顔になってしまうところでしょう!

特におすすめの人気曲を3曲、ご紹介!


木村カエラの魅力はやっぱり、パワフルなボーカルと卓越した表現力。

明るく愛にあふれた歌は、多くのファンから愛され続けています。

それでは、特におすすめの3曲を紹介していきましょう!

定番結婚式ソング「Butterfly」


▲木村カエラ「Butterfly」


『Butterfly』は、2009年6月1日に配信された、配信限定シングルで、作詞を木村カエラ、作曲・編曲は末光篤が担当しています。

実は『Butterfly』は、木村カエラが親友の結婚式のために書き下ろしたもの。

結婚情報誌「ゼクシィ」のCMソングでもあり、結婚式の定番ソングとして変わらぬ人気の代表曲です。

この曲で、木村カエラは第60回NHK紅白歌合戦への初出場を果たしました。

2010年のiTunesでは、年間第1位を獲得しています。

イントロから最後まで、柔らかく暖かなメロディ、透き通った歌声、温かな光にみちた優しさで綴られた歌詞、全てが魅力的です

結婚する親友を想って作られた『Butterfly』には、感謝や愛が一杯に詰め込まれていますね。

そんな愛あふれる楽曲だからこそ、今の時代も変わることなく、支持され続けているのでしょう。

10年以上たった現在でも、結婚式や披露宴でおすすめの人気曲ランキングにランクインする、色褪せない名曲です。


木村カエラを全国区にした「リルラ リルハ」


▲木村カエラ 「リルラ リルハ」


『リルラ リルハ』は2005年3月30日に発売された、木村カエラのメジャー3枚目のシングル。

ボーダフォン日本法人(現在のソフトバンクモバイル)のCMソングに起用され、本人もCMに出演、木村カエラの名を全国区にした大ヒット曲です。

作詞は木村カエラ、作曲・編曲は會田茂一が担当しました。

『リルラ リルハ』は、「リルラ=Reall Life リルハ=Reall Heart」

アップテンポでとてもノリのよい楽曲は、まさにカエラ・ワールド。とにかくかわいいです。

不安定な青春心理を、ポップに表現した歌詞もいいですね。

歌詞の「あなた次第」というところに、共感する人も多いのではないでしょうか。

歌だけでなく演奏も聴き応えがあり、とても勇気づけられる1曲です。

国民的アニメOP「おどるポンポコリン」


▲木村カエラ「おどるポンポコリン」


『おどるポンポコリン』は、言わずと知れた『ちびまる子ちゃん』の主題歌で、木村カエラのベストアルバム『5years』に収録されています。

2010年1月10日からテレビ放映20周年記念として使われた、1年間特別限定の木村カエラによるカバーバージョンです。

アレンジは電気グルーヴの石野卓球、コーラスにはスチャダラパーのBOSE(MCボーズ)&ANI(スチャダラアニ)が参加。

木村カエラは「死ぬかと思ったくらい嬉しかった」とコメントしていますよ。

木村カエラが歌うと、なんだかおしゃれで可愛いですね。

元の『おどるポンポコリン』とは全く違う魅力をもった、ポップで楽しい楽曲になっています。

MVでも、画面の中を所せましと笑顔で駆けずり回る木村カエラに、こちらまで笑顔になってしまいますよね。


母になっても格好可愛い!




カラフルで独創的な木村カエラの、愛にあふれた楽曲をぜひ聴いてみてください。

きっと心に光がさして、幸福感に包まれることでしょう。

現在は永山瑛太と結婚し、妻として、そして2児の母として奮闘しながらも、歌手活動をパワフルに継続中の木村カエラ。

格好よくて可愛い彼女から、これからも目が離せません。


TEXT 有紀

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル