top_line

疲労回復&二日酔い予防にも!?たった5分のお手軽タオルストレッチ

パパコミ

会社でも家でも長い時間机に向かっていると体が固まってきますよね。そんなときに手軽にできるストレッチがあるんです!数々のトップアスリートのコンディショニングをしてきたフィジカルトレーナーの櫻井優司さんにタオルを使った簡単ストレッチの方法を教えていただきました!

二日酔いにもストレッチは影響する!?

ストレッチは文字通り体のいろいろな部分を伸ばすことで筋肉をほぐす運動ですが、その効果は体全体に及びます。

一般的に、疲労を感じるのは、体の中に老廃物がたまった状態の時です。
ストレッチで筋肉がほぐれると、血行やリンパ液の流れが促進されます。これは筋肉の中の老廃物の排出をスムーズにすることを助けてくれます。これによって、疲労回復も期待できます。

さらに、老廃物の排出がスムーズになることで、普段から老廃物の処理をしている肝臓への負担が軽くなることが期待できます。そうなると、肝臓は充分にアルコールの分解ができるので二日酔いを起こしにくい状態と言えます。

タオルは引っ張るだけで効果あり!

家でストレッチをする時にとても手軽で、高い効果が期待できるアイテムがタオルです。

大人であれば60~80cmくらいの細長いフェイスタオルがオススメ。両端を握って横に引っ張りバンザイをすると、これだけで胸や背中の脇腹など多くの筋肉がしっかりと伸びてストレッチ効果が期待できます。もし子どもと一緒にやる場合は、小さいタオルを使うか、タオルの一番端ではなくて、適度に余して使ってください。

まずは、足は肩幅くらい、バランスが取れる程度に開いてください。
上半身はバンザイした状態から横に倒して脇腹を伸ばすような状態にしてください。

左右交互にいけるところまでゆっくりと倒すようにしてしてください。
そして、ゆっくり10カウント。
このとき呼吸を止めてしまうと力が入ってしまうので、呼吸は止めないようにしましょう。
左右10カウントを3セット。

また、時間があるなら、足は伸ばして立った状態で前屈してタオルをスネにあてるようにしたり、バンザイから体を反らす運動もやってみてください。これも前後10カウントを3セット。これをすると腿の前後や腰の部分もよく伸ばせます。

次に、引っ張ったタオルを胸の前にもってきて、今後は体をひねります。

これも呼吸を止めないようにいけるところまでゆっくり。
そして10カウントを左右3セット行ってください。
この動きでは腰や脇腹が伸びますが、タオルをぴっぱっていることで腕や肩、胸回りの筋肉も伸びるので全体的に効果が期待できます。

首もタオルで伸ばせます!

デスクワークやスマホ操作などで凝りがちな首のストレッチにもタオルが使えます。
タオルの両端を持ったまま、首の後ろにかけます。
そのまま、首を後ろに倒して上を向くようにしたら、今度はタオルを上に向けて引っ張ります。

これも10カウントを3セット。
呼吸は止めないでください。
こうすることで首回りの筋肉が伸びますし、頸椎のカーブがまっすぐになってしまう「ストレートネック」という症状の予防効果も期待できます。

この首ストレッチをした後で、左右を見るために首をひねると動きがスムーズになっていると思うのでぜひ試してみてください。

全部行ってもわずか5分程度でできる簡単なストレッチですが、きっと終わる頃には体全体がポカポカしてくると思います。これは血行やリンパ液の流れが促進されている証拠。体温の上昇にもつながり代謝や免疫力アップも期待できますので、ぜひ試してみてください。

櫻井優司

フィジカルトレーナー 健康コメンテーター
リンパアクティベーション協会顧問
株式会社ナビスポーツ 代表取締役
横綱朝青龍やF1レーサー片山右京のコンディショニングなどを担当してきたカラダのスペシャリスト
スポーツトレーナー兼業界初のリンパ専門家
「事故ゼロの現場リーダ」講演を全国で開催中。

櫻井優司オフィシャルサイト

TOPICS

ランキング

ジャンル