top_line

景観がきれいになっていくLA【アメリカ】

ワウネタ海外生活


3月末から4月にかけてのロサンゼルスの空は世界一きれいになりました。
それだけでなく、外出禁止令が出てからというもの、ロサンゼルスの景観もきれいになってきています。

ハリウッド映画でもおなじみですが、アメリカの一軒家、特にカリフォルニアは芝生とスプリンクラーがつきものです。
2010年代に数年間の水不足が続き、フロントヤード(基本的にアメリカの一軒家にはフロントヤードとバックヤードがあります)の芝生を人工芝や石に変える方も多かったのですが、かなり費用が必要になるため、芝生をキープしていた方が多いです。

しかし、芝生の成長は早く、1週間で結構伸びますし、芝刈り機を使っての芝刈りは体力も技術も必要で、通常は伸びっぱなしという家も少なくありません。
それがコロナで変わったのです。






見事に芝がカットされているのがわかりますよね。
芝をカットしていない家を見つけてビフォーアフターを撮影しようと思いましたが、それもできないくらいみんな外出禁止で家にいるため、芝生がきれいでロサンゼルスの景観も美しくなっています。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル