top_line

映画の目利き! 配給会社社長が選ぶ「絶対に観てほしい絶景&名シーン (2)

goo映画

執筆:Avanti Press

新型コロナウイルス肺炎流行の影響を受けて劇場公開の延期が続く中、独立系配給会社が「Help! The 映画配給会社プロジェクト」を発足。自社配給作品を見放題かつお得な価格で提供するプログラム「配給会社別 見放題配信パック」を開始しました。こだわりの名作を配給してきた個性派各社だけに、そのラインナップは目移りするほど魅力的です。

映画の目利きである各社の社長に、配信パックに含まれる自社配給作品から「絶対に観てほしい絶景&名シーン」を選んでいただくこの企画。今回の後編は、「ミモザフィルムズ」「ムヴィオラ」の2社が登場します!

『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』美しい絵の中で問われる「本当の豊かさ」

2011年創立の「ミモザフィルムズ」は、ヨーロッパを中心に「個性的な作品や物議を醸すような作品を買い付けることをモットーにしている」配給会社。主なラインナップは、ステファヌ・ブリゼ監督が尊厳死を描いた『母の身終い』や、ベネチア国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞したモーパッサン原作の『女の一生』。イタリアの名匠ロベルト・アンドー監督の社会派ミステリー『修道士は沈黙する』など。

また、実際に起きた誘拐事件を元にした『シシリアン・ゴースト・ストーリー』、イザベル・ユペール主演の『アスファルト』、シンシア・ニクソン主演の『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』、全編手話で描かれカンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ受賞の『ザ・トライブ』など、文芸作品からドキュメンタリーまで実に幅が広いのです。

代表・村田敦子さんのオススメは、「この映画を配給するために会社を設立したようなもの」と語る『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』。2006年のトロント国際映画祭で発見し、2014年に公開するまで足掛け8年。執念の賜物とも言える作品です。

『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』

本作は、900年ものあいだ外部との交流を遮断し、会話が許されるのは集会など週に数時間という修道院の生活を撮影した長編ドキュメンタリー。一日の大半を個室で祈り、孤独と沈黙のうちに一生を終える修道士の生活は、異例のロングラン・ヒットを記録しました。

監督のフィリップ・グレーニングは、フランス・アルプスの山中にあるラ・グランド・シャルトルーズ修道院に、2002年と2003年の2回に分けて泊まり込み、春夏秋冬を撮影。さまざまな映画賞を受賞しています。

『光りの墓』映画の舞台は“夢の中”

「ムヴィオラ」の設立は2000年。代表の武井みゆきさんは「心が動いた映画。世界の扉になる映画。特に、私たちがやらなければ日本で配給されないかもしれないと感じた映画を中心に選んでいます」と語ります。

最初にそう思った作品はドキュメンタリーの『スティーヴィー』(2006)だそう。『フープ・ドリームス』のスティーヴ・ジェイムス監督が大学生のときにビッグ・ブラザー(育ての兄)を引き受け、途中で疎遠になった少年スティーヴィーとの葛藤を描いています。自分自身をも取材対象としながら撮影した作品で、これこそ武井さんが買い付けなければ日本で観ることができなかったのではないかと思います。

今回の見放題パックでも、ワン・ビン監督の『鉄西区 三部作』や『無言歌』、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『世紀の光』や『光りの墓』など、大手ではたぶん配給することを選ばないだろう貴重な作品ばかり。

そこで武井さんが選んだ作品は、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『光りの墓』。原因不明の眠り病に罹った兵士たちと、古代の王の墓をめぐる謎を、現代社会の哀しみに重ねながらも優しさとユーモアに満ちた独特のタッチで描いた作品です。

『光りの墓』(C)Kick the Machine Films/ Illuminations Films

「中国雲南省、チベット、台北、パレスチナ、ミラノ、南仏、パリ、ワルシャワ、ロンドン、オーストラリア、ペルー、ブラジル、コンゴと、かなり広範な地域の映画を配給してきましたが、あえての“タイ東北部、コーンケンの元は小学校だった病院”を選びました。

上のグリーンライトの写真は、眠り病になった兵士たちに“光の治療”をしている名シーン。風景は映っていませんが、ロケ地は兵士たちの見ている“夢”というわけです。夢の中の王宮を歩くシーンもあり、観客もまた、眠っているのか目覚めているのか自分に問いかけたくなります。アーティストとして世界中を驚かせ続けているアピチャッポン監督の映画世界だからこその『絶景』だと思います」

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル