top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

市村正親、地元川越での公演は「チケットを売り歩かないとね」と気合い十分! ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表

SPICE


2017年12月より東京・日生劇場にてミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』が上演される。8月22日(火)東京プリンスホテルにて製作発表記者会見が行われ、市村正親、鳳蘭、実咲凛音、神田沙也加、唯月ふうか、入野自由、広瀬友祐、神田恭兵が出席した。

本作は1964年にブロードウェイで上演され、日本で1967年に初演。今年で日本初演から50年を迎える。主演である市村は2004年、2006年、2009年、2013年に続き、今回で5回目のテヴィエ役。妻であるゴールデには市村から「最強の女房」とも言われた鳳蘭が、2009年以来に演じる。

舞台は1905年のロシア。テヴィエ(市村)は妻のゴールデ(鳳)に頭が上がらないものの、5人の娘たちと仲良く過ごしていた。そんな娘たちの中でも長女のツァイテ(実咲)、次女のホーデル(神田)、三女のチャヴァ(唯月)の関心事は結婚であった。そんな中、ツァイテの結婚話が持ち上がるが、テヴィエの酔った勢いで思いも寄らぬ展開になってしまう。


テヴィエ役を演じる市村は「公演が12月なので、テヴィエ役に必要な髭もまだ生えていません。今やっている仕事が全部終わったら、髭を生やしてテヴィエに入っていくと思います。今回はまた新しいメンバーとできるので、素晴らしい家族のミュージカルをみなさんにお見せしたいと思います」と挨拶。

広告の後にも続きます

大千秋楽は市村の地元である埼玉・川越のウェスタ川越大ホールにて上演される。市村は「これから川越に帰ってチケットを売りに歩かないといけないですね。動員に励もうと思います」と笑いを誘った。


テヴィエの妻であるゴールデ役を演じる鳳は「前回より前々回よりみなさんに感動していただけるように、心を込めて演じます。市村さんは私のかかあ天下を上手に引き上げてくださるので、市村さんのおかげで成立していると思います」と市村を称えた。




  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル