top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

みね子vs食い逃げ娘、「ひよっこ」第20週まとめ読み

music.jp|テレビ・映画

みね子vs食い逃げ娘、「ひよっこ」第20週まとめ読み(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。8月14日(月)〜8月19日(土)朝8時から放送された第20週のエピソードは、豊子のクイズ番組出演と、省吾の娘・由香がいかにしてひねくれたか(笑)の二本立て。由香とみね子らとの距離感は少し縮まったよう。

豊子がクイズ番組に出演

旧向島電機乙女寮の同窓会が、あかね荘で開かれることになった。言い出しっぺは兼平豊子(藤野涼子)。どういう風の吹き回しやら……。

裏天広場にテーブルを出し、ランチを取りながらの近況報告会。谷田部みね子(有村架純)は父親が見つかったこと、秋葉幸子(小島藤子)は念願の団地入居が決まったこと、助川時子(佐久間由衣)はドラマのちょい役が決まったことを報告。青天目澄子(松本穂香)は、実家から仕送り額増やせと要求されたと浮かぬ顔。そんな澄子に、もうすぐいいことあるって、と豊子はニヤニヤ。不倶戴天の敵(笑)豊子からのエールに、澄子は怪訝そうな表情を浮かべる。

しばらく経って豊子がテレビを見たいと言い出した。一同愛子さん(永井愛子=和久井映見)の部屋へ移動する。スイッチをつけると、人気の勝ち抜きクイズ番組が。挑戦者は……豊子!! みんな目を丸くして驚く。澄子は、豊子はいまここにいるのに、と驚いている(笑)。3人勝ち抜けば賞金30万円とハワイ旅行獲得。みんな画面にくぎ付け。優勝のかかった最後の問題は人名クイズ。「青天目」(なばため)の読み方だった。豊子が満面の笑みで答えた。澄子の苗字なのだから間違えようがない。

豊子は司会者に賞金の使い道を問われ、実家に送金すると答えた。さらにハワイ旅行を誰と一緒に行くかと尋ねられて、画面越しに「澄子」と呼びかけた。澄子はテレビの前でポカンとしている。豊子がいいことがあると言ったのは、このことだった。かくして2人のハワイ行きが決まった。

クイズ番組の司会者は懐かしのあの人

ところで、劇中劇のクイズ番組。司会者は押坂忍さんだった。70年代、民放の人気クイズ番組の司会を務めたアナウンサーだ。現在82歳。粋な配役、演出だった。

もうひとつ、細かい演出なのだが、愛子さんの部屋に貼られているプロレスのポスターも毎回面白い。今回はジャイアント馬場vs<人間発電所>ブルーノ・サンマルチノ。昭和時代、プロレスは大衆文化を代表するコンテンツだった。人々はレスラーたちの一挙手一投足に魅せられ、過剰ともいえる演出に熱狂した。愛子さんも過去に何度かテレビの前で絶叫する姿を見せている(笑)

由香がみね子にからむ理由

広告の後にも続きます

牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘・由香(島崎遥香)に対するみね子の印象は、良くない。いや最悪といっていいくらいだ。しかし由香のほうはそうでもないようで、たまにちょっかいを出してくる。その日も、みね子はバー「月時計」に付き合わされることになった。由香いわく、島谷との一件について報告を受けていないとのことだった。

確かに島谷の縁談話は由香から聞いたが、だからといって島谷との別れ話を由香に報告する義理などない。ふたりの間に気まずい空気が流れる。

しかし、そんな空気は久坂早苗(シシド・カフカ)と時子が合流することで一変した。早苗さんは場を仕切り、由香のことを遠慮なしに「食い逃げ娘」と言い放った。一転、受けに回ることになった由香は、なぜみね子に絡むのか、なぜひねくれ娘になってしまったのか、白状させられるはめになった。

由香によれば、自己主張もせずけなげに働くみね子を見ていると、亡くなった母親を思い出してしまって、無性にイライラするらしい。もっと自由に生きるべきだという。みね子は珍しくムキになって反論した。自由は自分で選択できるということ。これまでそうしてきたし、島谷さんとのお別れも自分で決めた。

食い逃げ娘がひねくれた理由

「で。食い逃げ娘はどうしてこうなってしまったのか」早苗さんは追及の矛先を緩めない。いちいちトゲがあるとむくれる由香に、私の身体はトゲでできているからと早苗さん。

由香は告白を始めた。母親が死んで、省吾と鈴子さん(宮本信子)は母親の死に対する責任を背負い込み、由香に対して申し訳ないという態度を取った。それに対し無性にイライラしてどんどん嫌な娘になっていった。そのまま家にいると互いに辛くなるので家を飛び出したのだという。お父さんも鈴子さんも本当は大好きだし……そう言う由香に、早苗さんは「ボタンを掛け違えたんだから、全部はずしてかけ直せばいいじゃないか」と勧める。

「そういうところが子どもですね、由香さんは」とみね子が畳みかけた。ひとりの人間として親と対峙するのが大人というものではないかと、自らの体験を踏まえて諭した。

いつの間にやら形勢逆転。由香が同じ年であることを知ったみね子と時子は、さん付けをやめ、「由香」と呼び捨てにし始めた。由香は、不服そうではあるが、どこかうれしそうでもある。

NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ
http://music-book.jp/video/nod/title/230K08

  • 1
  • 2

TOPICS