top_line

室井佑月語る求婚の裏側「文春のライターとうそついたら…」

女性自身

室井佑月語る求婚の裏側「文春のライターとうそついたら…」

「なんか大騒ぎになっちゃって……。じつは、あたしがいちばん状況をわかってない(笑)。たしかに電撃結婚だったから、もうバタバタ。別に笑わせようとしたわけでもなく、正直、あんま考えてなかったんだよね~」

 

苦笑いを浮かべながら、少し照れ気味に話すのは、本誌で連載『家長ムロイの闘う「お財布」』を16年続けている、作家でタレントの室井佑月さん(50)。

 

5月10日、前新潟県知事で弁護士の米山隆一さん(52)と、出会いからわずか6カ月というスピード婚。世間をあっと驚かせた今回の結婚裏話からオノロケまで、新婚ホヤホヤの2人にたっぷりと語ってもらいました!

 

2人の出会いは昨年の11月2日、仕事の会合の席でのこと。

 

「あたし、古賀茂明さん(元経産官僚)とすごく仲のいい友達で、会う前から“彼はいい人だよ”って聞いていたの。で、実際会ってみると、感じのいい人で……。でも、まさかその後、付き合うことになるとは思わなかった」

 

2月27日、六本木のフレンチレストランで、米山さんはいきなりプロポーズする。この突然のプロポーズに“いいよ”とは言ったものの、さすがの室井さんも疑心暗鬼に。

 

「急にプロポーズされたからさぁ、ひょっとしてあたしのこと、なにか勘違いしてるのかもと思って、いろいろ質問してみたの。まず、“50だよ”って言ったら、『知ってる』。“20歳になる息子がいるけど?”『いいんじゃない』。“すごく感情的な人間だけど?”『そこがいいところじゃない』。“掃除もできないけど?”『やってくれる人を雇えばいい』って」

 

何を聞いても即答する米山さん。ついに室井さんは、ちょっと意地悪な質問をぶつけた。

 

「“じつは『週刊文春』でゴーストライターをやってる”って、うそをついたの。そしたら急に黙った。そんで『これからはやらないでほしいけど、どうしてもやりたいならしょうがない』って言うんだよ。真剣な顔で(笑)」

 

2年前、自身のスキャンダルをスクープした週刊誌の名前には、さすがに動揺した米山さん。だが、結婚への決意は揺るがなかった。その後、お互いの家を行き来する生活がスタートする。

 

「ヨネちゃんが家でごはんを作ってくれて、それを食べに行って、いろんな話をしたり。料理が上手で、カルパッチョ、カレーとか。全部おいしかったな~。何でもできる人なんですよ」

 

米山さんの人柄がわかるこんなエピソードも。

 

「“この人、いい人だな~”と思ったのが、家に遊びに行ったとき、冷凍庫にあったアイスを見つけて“食べていい?”って聞いて、1人で食べたことがあったのね。そしたら次に行ったときには、冷凍庫の中にいろんな種類のアイスが置いてあったの。優しいな~って思いました」

 

何だかもうメロメロ状態の室井さん。「まさか恋に落ちるとは思ってなかったからさぁ」と言いつつ、米山さんの魅力をこう話す。

 

「ヨネちゃんはすべてのことにまっすぐで、言葉に裏がないというか、カッコつけずにストレートに話す人。そういうところに引かれたというのはある。あたしは男の人で意地悪なタイプは嫌い。ヨネちゃんは裏表がない、いい人だと思ってます。ん?“思ってます”は(断言しないのは)マズいか(笑)」

 

一方、米山さんから見た、室井さんの魅力は?

 

「彼女は、一見、アッケラカンとした人生観のようで、そこに強い意志と愛情を感じるところかな」

 

「女性自身」2020年6月2日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル