top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BTSら事務所の“謝罪対応”話題呼ぶ、内容競い合うファンも

女性自身

BTSら事務所の“謝罪対応”話題呼ぶ、内容競い合うファンも

BTSのジョングク(22)、ASTROのチャ・ウヌ(23)ら人気K-POPアイドルグループのメンバー4人が、外出自粛が要請されていた時期にソウル市の繁華街・梨泰院(イテウォン)を訪れていたことが分かった。各事務所の対応が世間の注目を集めている。

 

5月18日、韓国メディア『Dispatch』の報道によると、4月25日夜から26日未明にかけてBTSのジョングク、ASTROのチャ・ウヌ、NCTのジェヒョン(23)、SEVENTEENのミンギュ(23)の4人が、梨泰院のレストランやバーを訪問していたことがわかった。梨泰院は、ナイトクラブでクラスターが発生した地域だ。韓国政府は感染者爆発の食い止めに追われている。

 

4人は同じ1997年生まれで、親交があることは以前から知られていた。訪問したのはクラスターが発生する約1週間前ではあるが、世界規模で活躍し、韓国国内でもトップクラスの人気を誇る影響力のあるアイドルたちの感染拡大防止に反する行動は、大きな問題として取り上げられた。

広告の後にも続きます

 

幸い4人ともPCR検査で陰性と判定。しかし、NCTとASTROは14日間の自主隔離期間を守らず音楽番組の収録を行っていたことが判明し、さらに批判が集まった。

 

報道直後、真っ先に対応したのはBTSのジョングクが所属するBigHitエンターテインメントだった。「梨泰院を訪れたことは事実です。アーティスト本人もソーシャルディスタンスのための社会的努力に忠実に参加しなかったことを深く反省しています」と謝罪した。

 

その後、SEVENTTENの所属事務所Pledis、次にASTROの所属事務所ファンタジオもそれぞれ報道内容を認め、謝罪。NCTの所属事務所SMエンターテインメントは、各事務所から1時間以上遅れて「慎重に行動しなかったことについて深く反省しています」と発表した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル