top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナで“老舗弁当の味”残せず「木挽町辨松」152年の歴史に幕

女性自身

コロナで“老舗弁当の味”残せず「木挽町辨松」152年の歴史に幕

「本日をもちまして閉店させていただくことになりましたが、歌舞伎座の前にこういう弁当屋があったということを、忘れないでいただければ、幸いに存じます」

 

マスクに隠された口元が、口惜しさに歪むことが、これまで幾度あったかわからない。しかし、閉店直後の店頭で、こうあいさつした社長・猪飼信夫さん(67)の表情は、どこか晴れ晴れとしているようにも見えた。

 

4月20日。コロナ禍による緊急事態宣言のもと、静まり返った東京・銀座で、老舗弁当店「木挽町辨松(こびきちょうべんまつ)」は最後の日を迎えていた。歌舞伎座前に店を構える辨松のお弁当は、多くの歌舞伎俳優や歌舞伎ファンに愛されてきた。醤油の味がしっかりしみた煮物、出汁の甘味が際立つ卵焼きなど、歌舞伎の幕あいに冷めてもおいしく食べられるよう、少し濃いめの味付けが特徴だった。

広告の後にも続きます

 

「私にとって、歌舞伎を見るのと辨松のお弁当はセットなんです。この先、いったい何を食べたらいいのか……」

 

60代の歌舞伎ファンの女性はこう言って名残を惜しんだ。一方、長年同店に通っていたという70代の女性はこう唇をかんだ。

 

「子供の成人式や孫の七五三など、家族の祝い事には必ず食べた思い出の味。コロナによって東京の食文化の1つが失われてしまったみたいで……、寂しいです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル