top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

お父ちゃん奥茨城村へ、「ひよっこ」第19週まとめ読み

music.jp|テレビ・映画

お父ちゃん奥茨城村へ、「ひよっこ」第19週まとめ読み(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。8月7日(月)〜8月12日(土)朝8時から放送された第19週では、みね子の部屋に身を寄せていた実がついに奥茨城村に帰ることになった。送り届けたみね子は、父親の様子を見て、もう大丈夫だと確信する。

実が奥茨城村に帰ることを決意

行方知れずだった父親・実の所在発覚と奪還劇という波乱の前週。木村佳乃と菅野美穂ふたりの迫真の演技は見ごたえ十分でホント痺れたけれども、あれだけ重いシーンを毎週見せられれば、視聴者は胃もたれするというもの。制作サイドもそれは重々承知なのだろう、今週は一転、穏やかな展開となった。

谷田部美代子(木村佳乃)は、実(沢村一樹)をみね子(有村架純)に託して奥茨城に帰っていった。無理に連れ戻すことはしたくなかったのだ。みね子は実に、彼がどんな父親だったのか、家族との間にどんな出来事があったのか、日夜話して聞かせた。

数日経って、実は「みね子」と呼びかけるようになった。それまでは遠慮がちに「みね子ちゃん」と呼んでいた。記憶はまだ戻っていないものの、心の中に変化が生じていた。「帰ってみようかな」実がポツリとつぶやいた。

すぐにでも帰りたい。でも、すずふり亭は、繁忙期の真っただ中。ためらうみね子の背中を、店主の牧野鈴子(宮本信子)が押した。「心配しないで行ってらっしゃい」

家族そろっての夕食と田植え

奥茨城村までの路線バスでは、車掌の益子次郎(松尾諭)が出迎えてくれた。幼馴染の次郎さんは、実の失われた記憶を埋めていくように、昔話を言って聞かせた。

我が家に着いた。みんなきょとんとしていた。なにしろ連絡も入れずに急遽帰省したのだ。実の姿を見て、進(高橋來)が飛びついてきた。中学生になったちよ子(宮原和)は、うれしそうに微笑んでいる。茂(古谷一行)は「よくけえってきた」と労ってくれた。美代子は目を潤ませながら「おかえりなさい」と出迎えてくれた。その日、家族は久々に夕食をともにした。じつに2年半ぶりだった。

奥茨城村は田植えの季節を迎えていた。翌日には実とみね子も田んぼに出ることになった。雨具を着込んだ実は、茂に声をかけた。「お父さん」と言いかけてから、ちょっと照れくさそうに「お父ちゃん」と言い換えた。茂の涙腺が崩壊した。茂は、涙を隠すように土間を出た。

田んぼでは、手伝いに来た村の人たちが出迎えてくれた。角谷きよ(柴田理恵)が「おらとの初恋も忘れちまったか」と実に声をかけた。きょとんとする実。田んぼは爆笑に包まれた。

実は田植えを、思いのほか器用にこなしていった。記憶を失っているとはいえ、長年やってきたことは体に染みこんでいるらしい。みね子はそれを見て、私も手伝うとばかりに張り切るが、すぐにぬかるみに足を取られて、転んでしまった。顔まで泥だらけだ。それを見て大笑いした実もバランスを崩して転倒、こちらも泥まみれになった。みね子は、笑いながら思う。お父ちゃんはもう大丈夫だ。

私の帰る場所は、東京

翌朝、みね子は慌ただしく奥茨城村を後にした。すずふり亭のことが心配だった。みんな快く送り出してはくれたものの、いつまでも迷惑をかけてばかりいられない。ホールは私なくして回るはずがないという自負もあった。東京に着くとすぐに出勤した。ランチタイムを終えた店では、みんなあまりの忙しさにぐったりしていて、まるで神様が帰還したかのように出迎えられた。ちょっとだけ得意になった。そして、思う。私の帰る場所は、東京になったんだと。

川本世津子が再びみね子の人生に絡んでくる!?

これにて実さんの話はひととおりの決着がついた。番組の終了まであと一か月半程度。みね子はどういう出来事に遭遇し、成長していくのだろうか。12日のラストに、アンニュイな表情の川本世津子(菅野美穂)のカットが思わせぶりに挿入された。実との橋渡しでお役御免ではなかったのか。再びみね子の人生に関わってくることになるのかしらん。

NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ
http://music-book.jp/video/nod/title/230K08

⇒主題歌「若い広場/桑田 佳祐」作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/652971/Music/aaa7vfbx

⇒「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/981699/Album/aaa7fntk

TOPICS

ランキング

ジャンル