top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

和スイーツの定義とは?洋菓子なのか和菓子なのか、白黒つける!尾上松也主演「さぼリーマン甘太朗」第6話あらすじ

music.jp|テレビ・映画

和スイーツの定義とは?洋菓子なのか和菓子なのか、白黒つける!尾上松也主演「さぼリーマン甘太朗」第6話あらすじ(C)music.jp|テレビ・映画 歌舞伎俳優・尾上松也が主演を務めるテレビ東京系・木ドラ25「さぼリーマン甘太朗」。8月17日(木)深夜1時から放送される第6話では、スイーツマニアなら、一度は考えたことのある素朴な疑問であろう、「“和スイーツ”は和菓子なのか? 洋菓子なのか?」ということについて、甘太朗が渾身のウンチクを展開する。毎回、スイーツが、美味しさたっぷりに映像に収められて、このドラマは、スイーツが影の主役である。

第6話あらすじ

中途採用で吉朝出版の販売営業部に配属された主人公の飴谷甘太朗(尾上松也)の密かな楽しみは、仕事を早く終わらせて、余った時間で大好きなスイーツを堪能する事だった。

完璧に仕事をこなし、営業成績もトップ。
そんな甘太朗にとっての敵は、甘太朗からスイーツを堪能するための時間を奪う人間たちだ。

ある日のこと。
甘太朗が密かに管理人を務めるブログ「甘ブロ」に、とある質問が寄せられた。
その質問とは、「“和スイーツ”は和菓子なのか? 洋菓子なのか?」ということ。

甘太朗は、質問に答えるために向かうべき最適の店が脳裏に浮かぶ。
それは、神楽坂の「抹茶ババロア」だった。

しかし、意気勇んで神楽坂へ向かおうとする甘太朗の目の前に、強敵が立ちはだかる。
漫画家の松沢(中村靖日)が取材をしたいと、甘太朗に頼んできたのだった。

果たして甘太朗は、ひとり仕事をサボって「抹茶ババロア」を堪能することができるのか!?

第6話は、8月17日(木)深夜1時から放送。

テレビ東京ドラマ「さぼリーマン甘太朗」。
甘太朗が管理人を務める「甘ブロ」に「“和スイーツ”は和菓子なのか? 洋菓子なのか?」という書き込みがあり、その答えは、神楽坂の「抹茶ババロア」にあると考えるのだが…。
第6話は、8月17日(木)深夜1時から放送。

『さぼリーマン甘太朗』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantarou/

萩原天晴(原作)/アビディ井上(漫画)による原作コミック「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)とあわせて、お楽しみください。

⇒原作コミック「さぼリーマン 飴谷甘太朗」作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/85043

TOPICS

ランキング

ジャンル