top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

裏の広場でみね子を待つ由香は何を思う?「ひよっこ」8月16日あらすじ

music.jp|テレビ・映画

裏の広場でみね子を待つ由香は何を思う?「ひよっこ」8月16日あらすじ(C)music.jp|テレビ・映画 有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」。8月14日(月)〜8月19日(土)朝8時から放送される第20週では、向島電機乙女寮の仲間たちがふたたび集結。招集をかけた豊子には何やら企みがあるらしい!? BAR「月時計」では女たちの濃ゆ〜い井戸端会議も勃発。みね子は、島谷と別れることを決意したいきさつを話す羽目に……。

前週(第19週「ただいま。おかえり。」)のおさらい

記憶を失った父親・実は、ひとまずみね子のアパートで暮らすことになった。欠落した記憶を埋めていくように話をするみね子。奥茨城村の話は実の心のどこかに引っかかったのだろうか、「帰ってみようかな」と口を開いた。休暇をもらったみね子は、実を連れて帰省する。そこには以前と変わらない食卓と、暖かい村の人たちの姿があった。ちょうど田植えの時期だった。実も田んぼに繰り出した。

第20週「さて、問題です」第117話 あらすじ

奥茨城での生活に慣れてきた実(沢村一樹)は、茂(古谷一行)から熱心に畑仕事を教わっていた。そんなある日、元巡査の綿引(竜星涼)が訪ねてくる。ずっと持ち歩いていた実の写真を返しに来たのだ。その夜、実は、美代子(木村佳乃)に「私がいなくなってからのことを聞きたい」と頼み、谷田部家に起こったすべてを知る。一方、いつものように仕事を終えたみね子(有村架純)を、由香(島崎遥香)が裏の広場で待っていた。

第117話は、8月16日(水)あさ8時より放送

広告の後にも続きます

奥茨城の生活に慣れてきた実(沢村一樹)のもとを、元巡査の綿引(竜星涼)が訪ねてくる。一方、仕事帰りのみね子(有村架純)を由香(島崎遥香)が裏の広場で待っていた。第117話は、NHK総合で8月16日(水)あさ8時より放送。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、NHK総合で毎週月曜〜土曜の午前8時から放送。
公式サイト(http://www.nhk.or.jp/hiyokko/)

⇒ドラマ「ひよっこ」作品ページへ
http://music-book.jp/video/nod/title/230K08

⇒主題歌「若い広場/桑田 佳祐」作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/652971/Music/aaa7vfbx

TOPICS

ランキング

ジャンル