top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『エール』最後の熱演 志村さん突き動かした高倉健さんの手紙

女性自身

『エール』最後の熱演 志村さん突き動かした高倉健さんの手紙

新型コロナウイルスによる肺炎で3月29日に亡くなった志村けんさん(享年70)が、5月1日からNHK連続テレビ小説『エール』に登場している。主演・窪田正孝(31)演じる主人公のモデルになった古関裕而さんは、志村さんの母校・旧都立久留米高等学校の校歌を作曲しているという意外な縁もあった。

 

志村さんにとって今回の朝ドラは20年ぶりの役者業。その背景には、尊敬する高倉健さん(享年83)への強い思いがあったという。

 

「コントを心から愛していた志村さんは、役者業にはつい昨年まで積極的ではありませんでした。しかし、70歳を前に、亡き高倉健さんの言葉が脳裏によみがえったそうです。『あなたの演技には哀愁がある。役者としてぜひ、また共演したいね』と――」(映画関係者)

広告の後にも続きます

 

2人の出会いは、’99年の映画『鉄道員』。降旗康男監督が志村さんを強く推薦し、高倉さんも志村さんとの初共演を心待ちにしていたという。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル