top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBSの出演者(福士蒼汰、宮野真守ほか)と公演日程が決定!

SPICE

 

■ダブルチーム制の月ドクロ、捨之介は福士蒼汰(上弦の月)と宮野真守(下弦の月)

豊洲の新劇場〔IHIステージアラウンド東京〕で今年2017年3月から上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』は、“Season花”“Season鳥”“Season風”を経て、2017年11月23日より“Season月”を開幕させる(2018年2月21日迄)。

“Season月”では、劇団☆新感線として初挑戦となる、2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入、それぞれに“上弦の月”、“下弦の月”というチーム名がつけられた。“上弦の月”では福士蒼汰、“下弦の月”では宮野真守が、それぞれ主人公の[捨之介]役を演じる。

■極楽太夫は、高田聖子(上弦の月)と、本公演17年ぶりの羽野晶紀(下弦の月)!

1990年の初演以降、7年ごとに上演され、その上演ごとに創意工夫を凝らして進化し続けてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』。

今年2017年3月30日(木)に新劇場〔IHIステージアラウンド東京〕のこけら落とし公演となった、ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花 Produced by TBS(3月30日~6月12日)に続き、現在は“Season鳥”を上演中(6月27日~9月1日)。さらに“Season風”(9月15日~11月3日)も稽古が本格的に始まっている。

広告の後にも続きます

“Season花”では2011年版をよりブラッシュアップさせた王道スタイル、“Season鳥”では歌とダンスを取り入れ、“Season風”では13年ぶりに一人二役バージョンを復活させるなど、Seasonが変わる毎に進化が遂げられてきた。

そして“Season月”では、前述通り、“上弦の月”“下弦の月”という2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を初めて導入する。

“上弦の月”では福士蒼汰が、初舞台にして、史上最年少で捨之介を演じる。一方、“下弦の月”では声優・俳優として圧倒的な人気を博す宮野真守が捨之介を演じる。

また、“上弦の月”の[天魔王]には、現在“Season鳥”で蘭兵衛を演じている早乙女太一が初挑戦し、“下弦の月”では舞台 『刀剣乱舞』の主人公・三日月宗近役などで活躍中の鈴木拡樹が扮する。

“上弦の月”の[蘭兵衛]は、2度目の舞台出演となる三浦翔平、“下弦の月”の同役は、舞台『弱虫ペダル』や『ダイヤのA』などで活躍する廣瀬智紀が、それぞれ演じる。

[兵庫]は、“上弦の月”の 須賀健太と、“下弦の月”の 木村了。共に、『鉈切り丸』などでいのうえ演出を経験済みの若手実力派が担う。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル