top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

松本人志がパチンコ店利用客に苦言 依存症「理解して」の声も

女性自身

松本人志がパチンコ店利用客に苦言 依存症「理解して」の声も

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、東京都では5月9日に休業要請に応じない15店のパチンコ店名を公表した。各紙によると、都は緊急事態宣言が延長された5月末まで休業を要請。それでも「強行営業」する店に対して、改正新型インフルエンザ対策特別措置法の適用に踏み切ったのだ。いっぽう、パチンコ店に訪れる客も依然として後を絶たないという。

 

そんなパチンコ店を巡る問題について、10日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのダウンタウン・松本人志(56)のコメントに注目が集まっている。番組では外出や営業の自粛要請に応じない人や店に対して、私的に取り締まろうとする“自粛警察”を特集。パチンコ店に並ぶ客を非難する“自粛警察”が例に出された。

 

いっぽうパチンコの件で疑問があるという松本は「『店が1日休業したらこれだけ赤字になる』と聞いて行く客は、それを黒字にしに行くわけですよね? どういうモチベーションなんだろう」と発言。「『俺だけは負けない』と思ってるんかなぁ。不思議なんですよね」と投げかけた。

 

いっぽう、利用者の依存症について指摘する声も上がっている。

 

タレントの高知東生(55)は同日、《自粛中にパチンコに行く人のことが度々TVで取り上げられているけど、あの中には、ギャンブル依存症の人も含まれていると思うんだよな》とツイート。《このご時世の事を頭で理解していても「やめたくても、やめられない」人もいるはず。バッシングだけでなく、ギャンブル依存症についても考える機会になって欲しいな》と呼びかけた。

 

公益社団法人「ギャンブル依存症を考える会」代表の田中紀子氏も《高知東生さん、言ってくれてありがとう!! ギャンブル依存症対策を怠れば、社会にどれだけ負担をかけるか、今こそ理解して欲しい》と、高知の発言を報じるニュースをリツイートしている。

 

NHKによると同団体は、外出自粛が続くストレスから依存者の症状悪化や再発の可能性を指摘。また世帯主が依存者である場合、世帯主に一括支給される特別定額給付金10万円がギャンブルに利用される恐れもあるとして警鐘を鳴らしている。

 

コロナ禍によって、社会がギャンブル依存症と向き合う必要性も高まっている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル