top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京から1400km「松居一代」被災地で「負け戦はしない」

SmartFLASH

 

「私のよけいなYouTubeのせいで、こちらの被害の報道が少なくなってしまったんじゃないかと気になっていたんですよ。微力ながら、何か私にできることがあればと思って……」

 

 殊勝な面持ちでそう語るのは、渦中の女優・松居一代(60)。7月の豪雨で被害を受けた福岡・朝倉市にボランティアとして駆けつけた彼女を直撃した。

広告の後にも続きます

 

 九州北部を豪雨が襲ったのは7月5日、6日。松居が最初に動画を投稿したのは4日夜のことだった。以来、夫・船越英一郎(57)の不倫疑惑について語る“恐怖の動画”を投稿し、世間の度肝を抜いたのは記憶に新しい。

 

 松居が現地入りしたのは8月1日。翌2日から、ボランティアチームのサブリーダーに任命され、土砂の撤去作業などに汗を流した。「重いから気をつけて」「リレーでいくよ!」と、声をかける姿にはパワーがみなぎっている。

 

 最初は本誌の問いかけを完全無視していた松居だが、2日の作業が終わると、記者に声をかけてきた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル