【ロッテ 伝統を背負って】ミスター・ロッテへの道
【ロッテ 伝統を背負って】ミスター・ロッテへの道
中村は伝統の背番号を受け継ぎ勝負の年を迎えている 背番号「8」はミスター・ロッテの象徴と言われる。今

中村は伝統の背番号を受け継ぎ勝負の年を迎えている

 背番号「8」はミスター・ロッテの象徴と言われる。今季から伝統の番号を背負っているのが中村奨吾だ。

 2015年ドラフト1位で入団。昨季は開幕スタメンをつかんだが、108試合の出場で打率.201、6本塁打、25打点。まだまだ発展途上なだけに、昨オフの契約更改交渉の席で渡された「8」は、球団の大きな期待と言っていいだろう。

 かつては山内一弘が着け、ロッテオリオンズ時代の1969年から86年までの18年間は有藤通世が背負っていた。また、05年からの11年間は、今江敏晃(現・年晶、楽天)が背負っていたことは記憶に新しい。中村にもチームの顔となるべき活躍が求められる。

 しかし、プロ3年目の今季は開幕からつまずいた。わずか5試合を戦っただけの4月6日に二軍降格。5月3日に再登録されたが、8日には再度出場選手登録を外れた。それでも二軍で必死に汗を流し、6月17日の昇格後は主に三塁での先発出場を増やして、打撃面でも存在感を見せ始めている。

 釧路で開催された7月25日の日本ハム戦では、早大時代にともに汗を流した有原航平からプロの舞台で初めて安打を放った。「意識している」とキッパリ言い切った存在からの安打は、自信を深める一打になったことだろう。

「偉大な番号をいただき、それだけ期待をされている。勝負の年」と位置づけて臨んだプロ3年目。少しずつでも、着実に前へ進んでいる。ミスター・ロッテへの道は始まったばかりだ。

写真=榎本郁也
(更新日:2017年8月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME