top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンニング竹山、Zeebra、TERU、大久保佳代子と同学年飲み

SmartFLASH

 

 5月4日放送の『たまむすび』(TBSラジオ)で、カンニング竹山が、Zeebra、GLAYのTERU、大久保佳代子らとリモート飲み番組をおこなったことを話した。

 

 4人全員1971年生まれで、竹山は「タメ飲みってことで。同級生だったんですよ」と説明。芸人の2人、アーティストの2人はそれぞれ交流があったが、4人では初対面。「とりあえずZeebraさんの案で『敬語やめようぜ』」と提案されたという。

 

広告の後にも続きます

 

 TERUから「せめてちゃん付けにしないか?」という話が出て、TERUは「TERUちゃん」、竹山は「タケちゃん」、大久保は「カヨちゃん」となり、Zeebraは、本名から「ヒデちゃん」になったことを説明。

 

 体験してみると、「意外と面白かった」とコメント。照明やグリーンバックがある自身の事務所で参加し、「けっこう、それで番組できちゃうっていうのはあります」とリモートでも番組が成立することを話していた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル