top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

橋本環奈、うっとり恍惚…「タッ・セイ・カン♡」 “マンガあるある”をコミカルに再現 <BookLive!> 新TVCM『全巻読破』篇+メイキング

フィールドキャスター



▼“マンガ好き”橋本環奈、実写映画は反対派!?【インタビュー】はコチラ▼
https://youtu.be/E5c2TlBRX50



総合電子書籍ストア「BookLive!」は、女優の橋本環奈さんが初出演する新TVCM『全巻読破』篇を、全国でのOA開始に先駆けてWeb上で公開。



CMでは、“自宅でマンガに没頭しすぎて、全巻読破したと思ったら次の日になっていた”というあるあるを表現。
部屋のソファーで体勢を変えてマンガを読んだり、読み終えるとその達成感から、「タッ・セイ・カン」と幸せな表情を見せたり、多くの人が共感できる「マンガあるある」を橋本さんが忠実に再現。
マンガを読みながら魅せる「ビックリ顔」や「照れ顔」といった、レアな表情にも注目だ。



<撮影エピソード>
グラフィック撮影からスタートした橋本さんは、「人をダメにするクッション」に寄りかかりながら、リラックスした笑顔で撮影が進んだ。
1日中マンガを読むシーンでは、照明の明るさが変わっていく様子を早回しすることで1日を表現するため、単調な演技にならないよう、秒数カウントの中で、自ら体育座りや寝返りをうったり、ソファーを叩きながら大笑いするなど、工夫を凝らした演技が随所に目立った。
「タッ・セイ・カン」と言うシーンは、表情作りやセリフなど、より熱が入ったリアルな演技に。
長時間集中を切らさず、終盤では1テイクでOKが出るシーンもあり、持ち前の明るさで「気持ちいいほど一発で決まりました!」と現場を笑わせる場面も。



今回の撮影は大きなアクションがない分、高い表現力が求められる撮影だったが、橋本さんが監督の要望に百点満点で応えてくれたおかげで、スムーズに撮影を終えることができた。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル