top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『いいね!光源氏くん』千葉雄大に癒されてSNSに和歌が乱舞

SmartFLASH

 

 テレビをつければ、いずこも「コロナ、コロナ」で、心も体も疲弊気味の皆様。
 現実を忘れ、浮世離れしたいのなら、ぜひとも千葉雄大主演『いいね!光源氏くん』(NHK総合、土曜23:30~)をお楽しみあれ。

 

 ドラマで千葉が演じるのは、教科書でもおなじみの『源氏物語』の主人公・光源氏。幾多の女性たちの心を奪ってきたプレイボーイが、1000年の時を経て、現代の地味で自信のないOL・藤原沙織(伊藤沙莉)が暮らすマンションにタイムスリップ。なぜかそこで居候生活を送るという荒唐無稽な内容だが、光源氏のノホホンとした振る舞いや、突如、和歌を詠み始める姿に、何とも心が癒される。

 

広告の後にも続きます

 

 原作は『FEEL YOUNG』(祥伝社)に連載中の同名漫画で、原作者のえすとえむ氏は2006年にBL(ボーイズラブ)作品でデビューし、これまで恋愛漫画を数多く執筆してきた。今回の『いいね!光源氏くん』が初のドラマ化だ。

 

「光源氏は色白で容姿端麗な千葉さんにピッタリ。ジャージに烏帽子姿があんなに似合う人は他にいないんじゃないでしょうか。タピオカ、ネイル、ダイエット、チョコレートファウンテン、ジョギングと、現代女子のトレンドを光源氏が体験し、新鮮な驚きを見せる。さらに感動が高まると、いつでもどこでも和歌を詠む。その姿を見るだけで笑っちゃいます」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル