top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

近藤真彦、膝のケガで病院に行ったら「肝臓の数値が高い」

SmartFLASH

 

 近藤真彦が、4月21日放送の『近藤真彦くるくるマッチ箱!』(文化放送)で、ケガした過去を明かした。

 

 近藤は、数年前、レースの優勝パーティーで酔ってはしゃぎ、普段はあまり話さないレースクイーンと肩を組もうとしたという。だが、間違えて男のメカニックと肩を組んでしまい、「なんだお前たちかよ」と離れた途端にコケた。

 

広告の後にも続きます

 

「膝をやっちゃって。パックリなっちゃった。血が出て包帯して……」と、膝にケガをしたのだが、無理して翌日の仕事に行ったところ、患部が腫れて病院へ。

 

 医師から「血液にばい菌が回っていたら、即入院かもしれません。先に血液検査しましょう」と言われ、検査後、「ケガよりもっと大変なことがわかりました。尿酸値と肝臓の数値が高い」と告げられた。「菌は回ってなかったのでケガはすぐ治せます。それよりもお酒を減らしてください」と言われ、近藤は「苦い思い出」と振り返っていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル