top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

300万円被害も…コロナ版“オレオレ詐欺”“点検詐欺”の見破り方

女性自身

300万円被害も…コロナ版“オレオレ詐欺”“点検詐欺”の見破り方

いま全国の消費生活センターには、新型コロナウイルスに関する詐欺事件や消費トラブルの相談が相次いでいるという。その数はすでに1万2,000件を超えた。全国の被害実態を取りまとめている国民生活センターの担当者はこう語る。

 

「昨年は改元に便乗して、金融機関を装って暗証番号などを聞き出す詐欺事例が多くありました。今年は“改元”を“コロナ”に置き換えた、同様の手口が報告されています」

 

横行しているのは、既存の手口に“新型コロナ”というワードを付け加えた進化版。誰もが危機意識を持っているだけに“騙されやすくなる”という。

広告の後にも続きます

 

「テレビでは四六時中、新型コロナウイルス関連の報道がされており、国民の重大な関心事となっています。それだけに“新型コロナに感染しているんじゃないか”“マスクやアルコール消毒液が入手できなくて困っている”“給付金がもらえるだろうか”など、多くの人が抱える不安につけ込んだ詐欺が急増しているんです」

 

こう警鐘を鳴らすのは、防犯アドバイザーの京師美佳さんだ。漫才師のハイヒール・リンゴは「注文したマスクが届かない。騙されました」と、MCを務めるテレビ番組で告白。愛知県では300万円を騙し取られた例が……。

 

「国民1人当たり10万円の給付金が支給される見込みです。詐欺グループは今後、こうした給付金をエサにして、あなたの財産を狙ってくるでしょう」(京師さん)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル