top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ患者の知られざる兆候「凍傷のような皮膚変色」に要注意

SmartFLASH

「コロナの爪先」(写真:ノースウェスタン大学)

 

 新型コロナウイルスに関して、さまざまな「独特の症状」が報道されるようになってきた。もっとも有名なのは、味覚と嗅覚の異常だろう。日本でも、阪神の藤浪晋太郎選手や、タレントの黒沢かずこが味覚・嗅覚の感じにくさを公表し、広く知られるようになった。

 

 カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、4月12日、味覚・嗅覚障害のある人は、比較的回復が早いとする調査結果を発表している。研究チームの医師は「匂いがわからなくなった患者の74%が、調査時には回復」と指摘している。

広告の後にも続きます

 

 

 新型コロナウイルスは、通常のインフルエンザとは異なる肺炎を引き起こす。イタリアでは、新型肺炎が治っても、肺に永久的な損傷が残るかもしれないと報道されている。ライニュース(4月18日)によれば、軽症で、自宅療養で完治した6人のダイバーが、肺の損傷のため、もはやダイビングできない可能性があるという。

 

 最近のアメリカの報道では、「血栓」という言葉が増えてきた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル