top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

終わらない青春を駆け抜ける生き様が感じられた『phatmans after school ワンマンツアー2017 ~near near near~』

UtaTen

 phatmans after schoolは、『phatmans after school ワンマンツアー2017 ~near near near~』と題してワンマンツアーを実行。6月9日(金)の広島SECOND CRUTCH公演を皮切りに、地元・北海道を含め6公演をおよそ1ヶ月に亘り行ってきた。ライブの終盤でヨシダタクミ(Vo&Gt)が「なんか、もう終わっちゃうのかって話したよね」とメンバーと語ったことを零していたように、怒涛の勢いで駆け抜けたツアーだった。

同じく、ツアーロスを感じているファンの方へ、まずはこの嬉しいニュースを届けたい。この日のライブ終盤にphatmans after schoolは、秋にもワンマンライブを行うことを発表。会場は未定だが、東名阪を予定しているとのこと。また、新譜の発売も予定していることも合わせて発表され、会場内は歓喜の声で埋め尽くされた。ここでは、そんな喜びに満ちた一夜を記していこう。

豪華な楽曲ラインナップで送るOP




 定刻、開演を予感してざわつく会場に「ポケモン、ゲットだぜ!」という聞き覚えのある声が響く。どよめく会場を前に、『ポケットモンスター』のオープニングテーマとともにDjに扮したユタニシンヤ(Gt.)がステージに登場。大人になってようやくポケモンマスターを目指すことにしたというユタニは、そこから怒涛のDJを披露していく。『デジモンアドベンチャー』『おジャ魔女どれみ』など懐かしのアニソンを繰り出したかと思えば、『HOT LIMIT』で強烈な風を巻き起こし、『ultra soul』ではオーディエンスと共にコールする。

さらには、phatmans after schoolの『あいまいみー』で会場を熱狂の渦に巻き込んだ。豪華な楽曲ラインナップに会場のテンションはものの10分でハイを迎え、そんな会場にユタニは満足そうな笑みを向けていた。

 そして、パイレーツオブカリビアンのテーマとともにカウントダウンを始めたユタニ。カウントが0を迎えるとともに、ステージが暗転。そして、お待ちかねのphatmans after schoolのメンバーがクマのお面で顔を隠しながらステージに登場。ヤマザキヨシミツ(Ba.)のうねるベースが心を擽る『MR.CRAZY』からライブの幕を開けた。DJタイムで温まりに温まったと思っていた会場だが、彼らの登場により“まだ上があったのか”と感じさせられるほど会場の温度は上昇。『ジレンマとパズル』『ノットビリーバー』を歌い終えたころには、蒸気が立ち込めるほどの熱気が生みだされていた。

 この日のライブのテーマは「全力で楽しむこと」と語ったヨシダ。「最後まで全力で遊んでいきましょう。よろしく」と静かに語ると、『リコーダー』へ。タイトルコールが告げられると会場内から喜びの声が上がった『棗』は、この時期にぴったりの夏前回のナンバーだ。その後に続けられた『さよならスペースシャトル』は、駆け抜けるようなユタニのギターリフ、ハイトーンなヨシダの歌声が合わさることで眼前に星空が描かれていくような感覚になり、底抜けに明るい『Alarm!』では、会場が星空から真っ青な青空へと塗り返らえられていくかのような感覚を味わった。


放課後に輝く格好いい男の子




 バンド名にある「phatmans」とは、“格好いい”という意味を持つスラングphatを複数形にした俗語。バンド名に込められた「放課後に輝く格好いい男の子たち」という意味の通り、彼らの奏でる音楽には学生時代の風を感じる瞬間がいくつもあった。意味もなく走ったり、取り留めのないことを友達と語りあったり、背伸びをして恋をしたり……そんな学生時代の風景を楽曲たちが思い起こさせるのだ。

それは、彼らが終わることのない青春を駆け抜け続けているからなのかもしれない。それは決して過去に囚われているという意味ではなく、青春の延長戦上にある「音楽という夢」を追いかけているからこそ見えるもの。だからこそ、その隣を並走するファンたちには、彼らが描く青春の片鱗を共に感じられるのではないだろうか。

 また、この日はここまでMCをほとんど行わず、勢いのままに楽曲が紡がれていったのも特筆すべき点だ。楽曲と楽曲の間には、常にギターやベース、ドラムの音が鳴っており、まさに一瞬たりとも音が途切れる瞬間がなかった。

 『440Hz』『サイコロジック』を終えて、ようやくのMCタイム。「めちゃくちゃ楽しいぞー!」と感情のままに叫んだユタニは、感謝を述べつつも「まだまだ疲れてないでしょ?」とオーディエンスを煽っていく。そんな煽りにオーディエンスが歓声で答えると、不敵な笑みを浮かべたメンバーたちは、ここまでの勢いをさらに上回る勢いで『アオノヒメ』『夕焼け通り探索隊』を放っていく。ドラムソロ、ギターソロ、ベースソロと音が重なり合うと『正常性バイアス』へ。

日常からは切り離された異空間へ


 そして、ユタニが「のびたがいじめられているときのテーマ」を奏でると、突然『もののけ姫』を熱唱。ハイトーンで歌いだすユタニの歌声に、“意外と上手い”“なんか聴ける”という声がポツリポツリと聴こえるシュールな時間が流れる。と思いきや、その流れのまま『FR/DAY NIGHT』へ突入。斬新すぎる導入に思わず笑みを浮かべてしまいながらも、会場は不意打ちのパーティータイムへ。

「まだまだ行けるかクアトロ!」の声に煽られ、勢いに乗せて『あいまいみー』へと突入していく。ここは平日木曜日のライブハウス。会場内には仕事帰りだろう人の姿や明日も授業があるであろう学生の姿もあった。でも、彼らの音が紡がれる、この瞬間だけはそんな日常からは切り離された異空間へトリップできるのだ。それほどまでに会場に居るファンたちは、我武者羅にこの空間を楽しもうとしていた。

 「(ツアーを通して)日に日にボルテージが上がっていたけれど、今日はラスト。間違いなく最高潮です!」と叫んだのはヨシダ。腰を痛め、ケガをし、風邪を引いてと満身創痍であることを伝えながらも「でも、最高のライブにします!」と頼もしい姿勢を見せてくれた。そんなMCの後に迎えたのは『東京少年』。ヨシダが全力で走っていくために、昔の自分から檄を飛ばすように書いたというこの曲は、強いエネルギーに満ちている。そのエネルギーはユタニのギター、ヤマザキのベース、ヨシダの歌声に乗って会場全体へと伝染していった。
『雨天結虹』『ナンバーコール』と続けると、ラストはヴォーカルが一番好きな歌だと語った『ツキヨミ』。

アンコールでさらなるサプライズ


 オープニングから破天荒なステージとなったこの日のライブだが、アンコールではさらなるサプライズがあった。スペシャルゲストとして、関係者としてライブを見ていたGoodbye holidayのDr.山崎晃平が飛び入りで『無重力少年』をプレイ。さらに、空想委員会のDr.テディが登場。スティックがないというテディのために、ユタニ&ヤマザキがその場でペットボトルの水を一気飲みすると、そのペットボトルでテディが『FR/DAY NIGHT』を爆音で奏でだす一幕も。思わぬスペシャルゲストに、会場は大盛り上がりをみせた。

 ここで、冒頭に記したサプライズ発表があり、最後のナンバーへ。ヨシダ曰く「僕の喉がえぐられる曲」だという『過去現在未来進行形』が披露されると、時としてヨシダの歌声に合わせてオーディエンスの声が重なり、会場が一体となる瞬間があった。ラスサビの「夢と生きたい」という歌詞をシャウトするように歌ったヨシダの姿が、この日の、そしてこれからの彼らを象徴するものになるのではないかと思わされる締めくくりだった。




セットリスト



1. MR.CRAZY
2.ジレンマとパズル
3ノットビリーバー
4リコーダー
5棗
6さよならスペースシャトル
7Alarm!
8440Hz
9サイコロジック
10アオノヒメ
11夕焼通り探検隊
12正常性バイアス
13FR/DAY NIGHT
14あいまいみー
15東京少年
16雨天結虹
17ナンバーコール
18ツキヨミ
ENCORE
en1. 無重力少年
en2. FR/DAY NIGHT
en3. 過去現在未来進行形

TOPICS

ランキング

ジャンル