top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アイドルの入隊・除隊ラッシュ到来!ファンは涙&歓喜

韓流大好き

ZE:Aイム・シワン 入隊

アイドルグループZE:A(ゼア)出身の俳優イム・シワン(29)が、7月11日に現役入隊した。イム・シワンは、京畿道(キョンギド)楊州(ヤンジュ)市25師団新兵教育隊に入所し、21か月間国防の義務を果たす。



当日、入隊するイム・シワンを見送るため、200人以上のファンが集まった。イム・シワンは入所直前の昼12時、ファンとの時間を設け直接入隊への心境を語った。

短く切ったヘアスタイルでファンの前に立ったイム・シワンは、敬礼したのち「ついに入隊の日を迎え、身軽な気持ち。行ってきます」と話した。取材陣からの「入隊前にやりたいことはすべてできたか?」という質問に「すべては無理だった」と残念そうな表情を浮かべる場面もあった。

本人が去った後も、その場を離れることができず涙を流すファンも見られた。イム・シワンは2019年4月に除隊する予定だ。

SUPER JUNIOR ウニョク&ドンヘ 除隊

アイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のウニョクとドンヘが、2日違いで除隊した。



まず先に、ウニョクが12日に江原道(カンウォンド)野戦軍司令部から除隊した。

除隊現場にはSUPER JUNIORのメンバー イトゥク、シンドン、イェソン、そして2日後に除隊するドンヘが駆け付け、大勢のファンとともに除隊を祝った。

ウニョクは「昨日は全く寝付けなかった。かなり緊張して。ファンに会いたい思いで、雨も降らずこうしてたくさん集まってくれて嬉しい」とコメントした。

ウニョクは軍隊にいる間、朝鮮戦争の犠牲者の遺族を支援する「FROKA護国英雄希望基金」に3000万ウォンを寄付し、注目を引いた。

一方、ウニョクの除隊から2日後の14日、ソウル地方警察庁でドンへが除隊を迎えた。2015年10月15日に入隊後義務警察として兵役義務を遂行してきた。この日現場には数百人のファンたちがプラカードやカメラを持って集まった。

午前9時30分ごろ姿を現したドンへは、メディアやファンに向かって「除隊する前日は夜も眠れなかった。とても緊張していた。ここに来るため夜明けからファンが待機していたと聞いた。どうか気をつけて帰ってほしい」と笑った。

現場には先に除隊したウニョクも駆けつけ、熱い抱擁を交わした。二人は23日のファンミーティングを通じて活動を再開する予定だ。


また、俳優カン・ハヌル、チ・チャンウクがそれぞれ今年下半期に入隊を予定していることを公表したり、BIGBANG(ビッグバン)のSOLが日本公演で来年入隊をほのめかす発言をしたりと、下半期以降から再び入隊ラッシュが予感される。

(c)STARNEWS

TOPICS

ランキング

ジャンル