top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

中村倫也、人生で唯一ブチギレた出来事は母親のリモコン飛ばし

SmartFLASH

 

 4月12日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、俳優の中村倫也が登場。人生で唯一ブチギレたエピソードを明かした。

 

 人気俳優となった中村だが、それは過去にさまざまな役柄を演じてきた礎があってのこと。MCのくりーむしちゅー上田晋也に「特に印象深かった役は?」と聞かれると、2018年公開の映画『孤狼の血』で演じた永川恭二をあげる。

 

 

 暴力団組織の構成員という役柄に、「まさか自分がこういう役を……(役作りも)大変でした」と当時の心境を吐露。あまりに自身の性格とかけ離れた役だったため、撮影時はホテルで映画『仁義なき戦い』を見ながら「俺はこれだ、俺はこれだ……」と言い聞かせていたと明かす。

 

 普段の中村と役のギャップを感じた上田は、「(これまで)ブチギレたこととかないの?」と質問。中村は「人生で1回だけあるんですよ」と応じる。怒りをぶつけた相手は母親だという。

 

 中村が実家にいた頃、母親が洗濯物のタオルを持ち上げたところ、誤ってテレビのリモコンを飛ばしてしまった。そのリモコンが不運にも中村のテレビに直撃し、画面が割れてしまった。

 

 母親に「ヒュンってなってバリンってなった」と説明されたが、納得できない中村は「バリンじゃないでしょ!」と激怒したことを明かし、笑いを誘った。

 

 中村といえば、5月15日公開の映画『水曜日が消えた』で主演を務める。1人7役だが、いったいどのような演技で魅せてくれるのだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル