top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小栗旬、長澤まさみ、佐藤二朗が福田雄一監督の「〇たま」発言で無言に……映画『銀魂』名古屋・大阪・福岡舞台あいさつ

SPICE

7月14日(土)、映画『銀魂』の主演・小栗旬、キャストの長澤まさみ、佐藤二朗、福田雄一監督が名古屋・ミッドランドスクエアシネマ、大阪・梅田ブルク7、福岡・T・ジョイ博多にて舞台あいさつを行った。


左から、福田雄一監督、長澤まさみ、小栗旬、佐藤二朗 『銀魂』名古屋舞台あいさつ 




4人が最初に訪れたのは名古屋。公開初日を祝い、昨晩は深い時間まで酒を飲んだようで「二日酔いどころじゃありません。今酔ってます(笑)」と佐藤。佐藤の地元ということで客席には“佐藤さんおかえり!”とのメッセージボードを掲げる来場者もおり、会場には佐藤の両親の姿も。小栗が「観にいくんですか?(笑)この方、なんの役作りもしてないですけれど(笑)」と発言すると、なぜか佐藤は「本当にすみませんねぇ」と謝罪。さらには、小栗がテレビドラマ『花より男子』で演じた花沢類を、セルフパロディしながら来場者の名前を呼ぶ、舞台挨拶の“恒例行事”となりつつある光景も繰り広げられた。また、小栗は『銀魂』の人気ぶりに「自分だとわからないんですよね。特に何も感じていません(笑)。沢山のお客さんに入って頂いて嬉しいですが、ふたを開けてみるとあまり実感はないですね」とあっさりとしたコメント。そんな小栗に代わり、福田監督は「僕のTwitterにきた感想で、”そこに小栗旬はいない、そこには銀さんしかいない”っていうのがあって、すごく嬉しかったです」と、同作への反響を明かしていた。

また、「銀時と小栗の似ている所は?」との質問に、長澤が「アツいところが似てません?」とコメント。すると福田監督は、「若い時、アツい男だったんですよ。子供が産まれて、アツさが良い意味でいい具合に抜けてきて。ちょうどそんな時に『銀魂』の台本書いていたもんだから、もう小栗旬しかいないと」と付け加えた。さらに「笑ったシーンは?」との問いに、長澤は「終始笑ってました。福田作品常連の方々が出てくると特に」と笑顔を見せ、「私のコメディシーンは、監督が実際に演じて見せてくれるのですが、それが一番面白くて。悔しかったです」と福田組独特の撮影を振り返った。

名古屋の舞台あいさつでは、「万事屋銀ちゃんのお悩み相談」と題し、前日から当日の朝方にかけ、4人に解決して貰いたい悩みを公式Twitterで全国から募集。最初に「学校に『銀魂』好きが少なく、いつも『忍たま』と間違えられます。どうしたら良いですか?」との悩みが取り上げられた。すると、福田監督が「『忍たま』よりは○タマのほうが間違えられやすくないない?」と発言し、一同を無言にさせてしまう一幕も。福田監督は、「解決方法はないって事で!(笑)」とむりやり締め、笑いを誘っていた。


広告の後にも続きます

左から、福田雄一監督、長澤まさみ、小栗旬、佐藤二朗 『銀魂』大阪舞台あいさつ 



一行が次に訪れたのは大阪。登壇すると同時に話し始める佐藤と福田監督に、小栗は「出て来ていきなり話し始めるのやめようよ!前の舞台挨拶でもそうだったけど、お客さんがびっくりしちゃう(笑)。ちゃんと挨拶しようよ!」と一言。それぞれ挨拶した後、大阪名物‟551の蓬莱”の肉まんが登場する新八(菅田将暉)&エリザベスのシーンに話題がおよぶと、福田監督は「新八がツッコミで、『関西ローカルの人しか分からないボケやめて!』って言うんですけど、関東の人たちにも伝わっているのかは分かんなくって。笑えましたか?」と問いかける。すると、場内から大きな拍手で返事が戻り、福田監督は安心した様子だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル