top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンニング竹山、2度の転機は「キレ芸の誕生」と「相方の死」

SmartFLASH

 そんな時期に、放送作家の鈴木おさむから「ライブやりませんか?」と誘われる。竹山は当初、その誘いを断ったが、毎日そのことが気になり、単独ライブを決断。それが「カンニング竹山単独ライブ『放送禁止』」で、年1回のライブでは「中島の話は一切しない。その代わり、5年続いたら中島の話だけでやる」と決めていたという。

 

 そうして5年目、「カンニングのお葬式」と題したライブをおこなった。「人が死んだことを笑いにするって相当悩みました」と苦悩を明かすが、そこからチケットが飛ぶように売れるようになった。

 

 ウェブ「日刊SPA!」で、竹山は同ライブについて「カッコつけたことを言うと、カンニング竹山の軸は『放送禁止』なんです。あの舞台があるから1年間テレビ芸の仕事ができるんですよ」と明かしている。

広告の後にも続きます

 

 発言のテロップもなく、ひたすら焚き火の前で語り合う『石橋、薪を焚べる』。その雰囲気だからこそ、竹山も知られざる素顔を話せたのだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル