top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

志村けん、ドリフ付き人時代に「実は萩本欽一さんが好き」

SmartFLASH

 

 4月6日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、高田文夫が、亡くなった志村けんさんの秘話を明かした。

 

 高田は放送作家として若手の頃、ザ・ドリフターズの稽古場に預けられて、通った時期があったという。志村さんは先に「ボーヤ」と呼ばれる付き人になっており、その後、井山淳さんとお笑いコンビ・マックボンボンを結成する。

 

広告の後にも続きます

 

 高田は当時の志村さんについて「ドリフターズの弟子なのに、やってることはコント55号なんだよ。志村に『どうなってんの?』って言ったら、(志村さんは)『俺、実は、萩本欽一さんが好きなんだ』って(笑)」と話す。

 

 さらに、志村さんは「いかりや(長介)なんかバカ野郎」と言っていたという。若い頃の志村さんは、ちゃきちゃきの江戸っ子だったいかりやさんから、「お前なんか田舎っぺじゃねえか」と追い詰められていたという。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル