top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

浅田真央、稀勢の里、錦織圭…「末っ子」はアスリート向き

SmartFLASH

浅田真央も末っ子

 浅田真央、高安、宮里藍、錦織圭……。彼らにはスポーツ選手というほかにも共通点がある。皆、末子なのだ。

「スポーツ選手には末子が多い。テニス・錦織圭さんからフィギュアスケート・羽生結弦さん、大相撲・稀勢の里関までさまざまです。彼らの多くは、兄姉の影響で早くからスポーツを始め、彼らを手本に要領よく技量をめきめき伸ばしていきました。

 

 兄や姉は、成長過程で、勉強に力を入れたり、家業を継ぐというような選択を迫られることがありますが、末子は、それほど『地に足のついた進路を考えなさい』と口うるさく言われない。いつまでもスポーツに打ち込む環境があるのです」

広告の後にも続きます

 そんな、きょうだいの性格やコミュニケーションの“型”を指摘した著書『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が15万部とヒットしている。著者の五百田達成氏は「幼いころ、きょうだいとどう接していたかで性格は決まる」と言う。

 

「長子は親にとって初めての子供なので、惜しみない愛情で育てられます。弟妹の面倒を見るようにしつけられ、 責任感と面倒見のよさは人一倍。度が過ぎて、呼ばれてもいないのに打ち合わせに同席したがったりするなど、無意識に相手を支配しようとする傾向がある。

 

 対になるのが末子。兄姉の失敗を見て育ち、要領がよく立ち回りが上手い。家族のアイドルです。しっかりしたきょうだいがいるので、他力本願で『誰かがなんとかしてくれる』と信じています。効率と自分に対するメリットを重要視する現実主義者です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル