top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元「FTISLAND」ソン・スンヒョン、トニー・アンと同じ所属事務所に=本格的に俳優へ転向

ワウコリア


韓国男性バンド「FTISLAND」出身のソン・スンヒョンがWOORIDLECOMPANYと専属契約を締結した。

WOORIDLECOMPANYは7日「ソン・スンヒョンは俳優として無限の成長可能性を持っている」とし「スター性まで兼ね備えただけに、これから俳優としての力量を発揮できるよう、全面的に支援する」と明らかにした。

ソン・スンヒョンは2009年「FTISLAND」の新メンバーとして加入し、10年以上様々な音楽で活発な活動を広げ、韓流スターとして愛されてきた。また演劇、ミュージカルなど多様な挑戦をしながら、幅広い活動をしてきた。

特に最近、ウェブドラマ「愛ですかと聞いて、愛だと答える」にギタリストであり、バンドの部長ウ・マンス役で出演し、本人だけの独特な魅力と繊細ながらも安定した演技力を披露し、演技者としての可能性も認められた。

一方、トニー・アンが代表であり、所属アーティストとして籍を置き、パク・ウネとイ・ヘウン、クォン・ヒョクヒョンなど演技派俳優が所属しているWOORIDLECOMPANY、ソン・スンヒョンをはじめ、最近KBSアナウンサー出身のキム・ギョンラン、チェ・ジェファンなどを迎え入れ、総合エンターテインメント会社としてさらに拡大していくことを予告した。

広告の後にも続きます

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル