top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【映画で仮想旅行】ロケ地の宝庫! ラスベガスのカジノホテルは巨大な映画セット

goo映画

執筆:goo映画編集部

アメリカ・ネバダ州の砂漠に生まれた現代のオアシス、ラスベガス。カジノやショー、ショッピングと、毎日が娯楽と美食で回るド定番観光地です。あまりにベタすぎて旅の達人からは敬遠される傾向もありますが、この地に流れる非現実感は世界でも有数。なかでも、いろんなところがぶっとんだカジノホテルは、数々の映画で主役級の存在感を放っています。

とはいえ、実際の訪問が困難な昨今、いったいいつになれば上陸できるのやら…。そこで今回は、日本にいながらラスベガス“仮想旅行”を楽しめる作品&代表的なホテルをご紹介しましょう。

砂漠のど真ん中に出現した桃源郷、ラスベガス。大通りの両脇に並ぶ奇想天外なデザインのホテルは「現実など忘れよ」と強すぎる圧をかけてきます。(撮影:goo映画編集部)

ベラージオ ラスベガス Bellagio Las Vegas

ラスベガスを舞台にした映画といえば、スティーブン・ソダーバーグ監督の『オーシャンズ11』(2001)でしょう。仮釈放中にも関わらず盗みを企てた泥棒&詐欺師のダニー・オーシャン。集めた仲間10人と挑んだターゲットは、ここ「ベラージオ ラスベガス」の巨大金庫です。あまりにも大胆すぎる計画、ダニーの真意とは? ダニーにジョージ・クルーニー、元妻テスにジュリア・ロバーツ、ダニーの右腕ラスティーにブラッド・ピットなど、豪華な顔ぶれでも話題を呼びました。

広告の後にも続きます

「ベラージオ ラスベガス」の現地ロケは、集まった大スターたちに負けない前代未聞の規模。パーキングや温室植物園を数日閉鎖したほか、作品終盤でダニーの仲間たちが見つめる巨大噴水を止めたことも。ただし、カジノフロアとセキュリティルームはセットだそう。また、赤い服を着たテス(ジュリア・ロバーツ)がおりた大階段は、作品公開の2年後に撤去されています。

水が貴重なラスベガス、巨大な噴水はまさに豊かさの象徴? 水が作る瞬間的な美しさは、ダニーと仲間たちの「夢の跡」を思わせます。(写真:Ethan Miller/Getty Images for MGM Resorts International)

作中での「ベラージオ ラスベガス」はテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)の所有ですが、撮影契約を交わした実際のオーナーはスティーブ・ウィンです。彼はプロデューサーのジェリー・ワイントローブと仲が良く、撮影への全面協力を約束していました。撮影準備の期間中にホテルは売却されてしまいますが、新オーナーのカーク・カーコリアンもワイントローブと懇意だったため、撮影は問題なく行われたそう。現在もホテルの運営はカーコリアンの「MGM リゾーツ インターナショナル」です。

「MGM」と聞いてピンと来た人は映画通かも。1920年代に成立したアメリカの映画会社「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」ですね。70年代に同社を買収したカーコリアンは、ラスベガスの発展に貢献した人物としても知られています。彼が育てた60年代のラスベガスは『オーシャンズ11』のリメイク元、フランク・シナトラ主演『オーシャンと十一人の仲間』(1960)で確認できるでしょう。レトロなアメリカン・テイストにはクルーニー版とまた違った魅力があります。

『オーシャンズ11』の続編は『オーシャンズ12』(2004)と『オーシャンズ13』(2007)。そして2018年には、オール女性キャストによる『オーシャンズ8』が登場しました。『ハンガー・ゲーム』(2012)のゲイリー・ロス監督がメガホンを取った本作、主人公はなんとダニー・オーシャンの妹デビー(サンドラ・ブロック)。 ニューヨークを舞台に痛快なストーリーが展開しています。

ベラージオ ラスベガス Bellagio Las Vegas

アリア リゾート アンド カジノ ラスベガス ARIA Resort and Casino Las Vegas

マット・デイモンの当たり役といえば「記憶を失った元CIAの殺し屋」ジェイソン・ボーン。『ボーン・アイデンティティー』(2002)から始まったボーンシリーズは、ジェイソンとCIAの戦いがテーマです(※4作目『ボーン・レガシー』のみ主人公が異なります)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル