top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

遅すぎるコロナ給付金…安倍首相の決断を邪魔する戦犯は誰だ

SmartFLASH

4月1日、国会での安倍首相

 

「リーマン・ショック時の経済対策を上回る、かつてない規模の対策を取りたい」

 

 そう宣言していた安倍晋三首相(65)が、4月3日に提示した「1世帯30万円」というコロナ給付金に、全国民が首を傾げたに違いない。

広告の後にも続きます

 

 米国・欧州を中心に、国民一律で給付金を支給する国が多いなか、日本では、所得が著しく減った世帯のみなど、条件が設けられる。しかも、支給開始は5月以降。早速、国民から批判の声が上がった。

 

 

 なぜ、諸外国と同じような「迅速」「一律」の現金支給ができないのか。永田町では「総理が有力ブレーンに止められたらしい」という “怪情報” も流れたが、ある自民党若手議員は、「ひとえに、岸田(文雄・政調会長)さんが悪い」と怒りをにじませ、こう続けた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル