top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<Wコラム>エイプリルフールで活動に影響のジェジュン、その真意は日韓に届くのか?

ワウコリア


日韓で活躍中の歌手ジェジュン(JYJ)が新型コロナウイルスに感染したと投稿したことで物議を醸し、非難を受けている。

ジェジュンが4月1日、エイプリルフールとして自身のSNSで「新型コロナに感染して現在入院中である」といった内容の投稿をし、ファンから心配の声が殺到した。しかし直後にそれを訂正し、「自分自身と自分の周辺は安全だろうという勘違いが周りに害を及ぼす。不注意による悲しい予感が現実になった時、その時は涙を流して終わることはない。他人事ではない。自分を守ることが大切な人たちを守る、という話をしたかった」と最初の投稿は注意喚起のためだったことを明かした。また、その後に謝罪文を掲載した。

ジェジュンは「正しくないという判断は知っている。現在、緩みがちなウイルスへの対処法と危険性の認識。新型コロナウイルスによって被害を受ける方々を最小化するために警戒心を持ってほしい、という思いでメッセージを伝えたかった」と説明した。

現在、この件で彼は日韓両国の多くの人々からバッシングを受けており、韓国では「キム・ジェジュンを処罰してほしい」と大統領府に国民請願まで出される状況にまでなった。

しかし、ジェジュンはこれまでコロナウイルス拡散防止のため3000万ウォンを寄付したり、ファンがマスク寄付のために募金活動を行っていることを知り、募金口座に1,000万ウォンを振り込んだことも明らかになっている。

広告の後にも続きます

過去には韓国東部のカンウォンド(江原道)で大規模な山火事の被害が広がった際、被災者のために3,000万ウォンを寄付したり、西日本豪雨の際には、被災地を訪れボランティア活動などをしていた。

また最近では、自身のSNSで自粛をするよう呼びかける投稿もしている。そんな彼が、今回のSNS投稿を「ただエイプリルフールの冗談でした」と考えていたのだろうか。

多くの芸能ニュースでは「ジェジュンが新型コロナに感染したとエイプリルフールの冗談を言った」とだけ切り取られ、まるで遊び半分の冗談を言ったかのように拡散されている。

しかし、今の現状に不安を感じ、「皆んなが注意してほしい」と彼なりの強い気持ちだったのは間違いない。

ただ、いくら注意喚起とはいえ、影響力のある彼が投稿したことにより一瞬でも多くの人々を悲しませ、不安にさせた。やり方はもっと他にあったはずだし、決して正しいとは言えないのは確かだ。

ここまでして関心を引きつけ、もっと他人事ではないと感じてほしかったのだろう。なぜなら彼の実父も肺の手術をし、周りの人々も新型コロナに感染しているからだ。それくらい危機感があったのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル