top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

安倍首相の布マスク2枚配布、自民党内からも批判の声続出

女性自身

安倍首相の布マスク2枚配布、自民党内からも批判の声続出

4月1日、布製のマスクを、“1住所あたり2枚”ずつ配布することを発表した安倍晋三首相(65)。対象となるのは約5,000万世帯、マスクの枚数は1億枚にのぼるという。新型コロナウイルスによって収入を失った労働者のために、欧米各国が現金給付などを含む巨額の財政政策を次々と打ち出しており、日本政府も現金給付などの施策を行うべきだという声が高まっている。

 

そんななか、“お金”ではなく、“マスク”を配るという政府の発表に、SNS上では戸惑いと怒りの声が広がっている。これは有名人といえども、例外ではないようだ。

 

芥川賞作家の平野啓一郎氏はマスク配布を伝えるニュースのリツイートと共に、《本当にこの政府で、この未曾有の危機を乗り越えられますか?》とストレートに政府の対策を批判した。タレントのいとうせいこうは《布マスク二枚は安倍政治の集大成になるかもしれないな》とチクリ。

広告の後にも続きます

 

格闘家の高田延彦氏はツイッターでこんな呆れ声。

 

《大風呂敷拡げてマスク2枚? 本当? まさかのエイプリルフールジョークじゃないよね? ゼロよりマシだけど2枚ってさ!》

 

批判は、安倍政権を支えてきた“保守層”からもあがっている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル