top_line

「ロボコン」20年ぶりの最新作が映画化!「がんばれいわ!!ロボコン」20年7月公開

アニメ!アニメ!

「ロボコン」20年ぶりの最新作が映画化!「がんばれいわ!!ロボコン」20年7月公開

コメディロボット作品『ロボコン』シリーズの20年ぶりの最新作となる『がんばれいわ!!ロボコン』の映画化が決定した。2020年7月31日よりMX4Dを含む全国公開となる。

タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。原作は『仮面ライダー』『サイボーグ009』など数々のキャラクターを生み出し、“マンガの王様”と称される石ノ森章太郎。
1975年に『がんばれ!!ロボコン』が放送されるや、同時期に誕生した「スーパー戦隊」「仮面ライダー」とともに瞬く間に子どもたちの共感を呼び、最高視聴率は29.2%を誇った。



1999年~2000年にかけては、香港で巻き起こった空前の「ロボコン」ブームが日本にも押し寄せ『燃えろ!!ロボコン』が放送。前作『がんばれ!!ロボコン』を観ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディロボット作品として人気を博した。

そして、令和に突入した今、新生「ロボコン」が20年ぶりに映画になって帰ってくる。
タイトルは『がんばれいわ!!ロボコン』。
文字通り“がんばれ”と“令和(れいわ)”をかけ、コメディ作品としての“ギャグ”をタイトルでも表現した。



さらに本作では、石田秀範監督と脚本家・浦沢義雄が、『燃えろ!!ロボコン』以来20年ぶりのタッグを組み、満を持して新生「ロボコン」を生み出す。
新生「ロボコン」が、令和の時代にどんなドタバタ劇を繰り広げるのか、そして迫力満点のMX4Dで「ロボコン」はどんな形態に生まれ変わるのか注目が集まる。

また、本映画企画発表にあわせて『がんばれいわ!!ロボコン』映画公式Twitterも開設。随時新情報を発表していくという。

作品概要
『がんばれいわ!!ロボコン』  
■公開日:2020年7月31日(金)全国公開
■原作:石ノ森章太郎(※ ノは4分の1角) 
■監督:石田秀範   
■脚本:浦沢義雄
(C)石森プロ・東映

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル