top_line

窪田正孝が原始人になったりフラッシュモブしたり…!? NHK朝ドラ『エール』のオープニングが前代未聞すぎると話題に

Pouch[ポーチ]

窪田正孝が原始人になったりフラッシュモブしたり…!? NHK朝ドラ『エール』のオープニングが前代未聞すぎると話題に

2020年3月30日にNHK 総合でスタートした連続テレビ小説『エール』のオープニングが、ネットで話題になっています。

話題となったしのは “奇抜” ともいえる第1話のオープニング映像。

原始人が出てくるわ、フラッシュモブでプロポーズして盛大にフラれるわ……予想外の展開すぎて、ついていくのがやっとだったんですけど!?

【音楽家が主人公の朝ドラ】

『エール』は、数々の名曲を世に生みだす作曲家・古山裕一(窪田正孝さん)と、その妻・関内音(二階堂ふみさん)の物語で、テーマは「音楽が奏でる人生の物語」。

モデルとなっているのは、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手として活躍したその妻・古関金子です。

つまり、物語の舞台は “昭和” です。

【冒頭でいきなり原始人登場&フラッシュモブ?】

ところが冒頭でいきなり画面に映し出されたのは、魚を手にしてウホウホ喜ぶ原始人に扮した窪田正孝さんと二階堂ふみさん。

まさかの展開に、頭の中が「?」でいっぱいになってしまったのは私だけではないはずです。

その後は

・亡くなった妻との別れを悲しむ窪田さん(なぜか英語で西部劇風)
・テニスの試合前に音楽でテンションを高める二階堂さん
・フォークソングを聴きながら元カノとの写真を燃やす窪田さん(舞台はおそらく60年代)

というシーンが続き、頭の中はますます「?」でいっぱいに。

極めつけは最後に出てくるフラッシュモブのシーンで、デート中にいきなり踊り出す窪田さんの姿を見て、目が点になってしまいました。

いや、ダンス上手だし踊っている姿はかわいいけれど、さっきから私は一体なにを見せられているの~!?

しかも指輪を差し出してプロポーズした窪田さんに対して、二階堂さんが放った一言は「私、彼氏いるんだけど」。ここまでやったのに思いっきりフラれるとは……気の毒すぎるっ!

【本編と関係ないのに長尺】

これらは「古来から音楽は人々のそばにあった」ということを表現したもののようですが、あまりの出来事に面食らってしまいました。

こうしたオープニングを経て本編が始まったのは、放送開始から約4分半後。

本編と全く関係ない内容なのに、放送時間の多くを占めるというのは前代未聞なのではないでしょうか。

【オープニング以外も「前代未聞」でした】

視聴者のみなさんも戸惑いを隠せない様子で、ツイッターには

「紀元前1万年から始まる朝ドラは 初めてです」
「どんな顔で見ていいか分からなくなるノリで始まったな……」

といった声続々。多くの人が、まさかの「原始人」スタートに驚いていたようです。

ちなみに、前代未聞な展開はオープニングだけにあらず。

「本編は、初回にもかかわらず最終回のような内容」「本来オープニング曲であるはずの主題歌をエンディングにもってくる」など色々新しすぎて、今後も目が離せそうにないよ~!

参照元:NHKInstagram @nhk_yellTwitterハッシュタグ #エール
執筆:田端あんじ

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル