【インタビュー】『カーズ/クロスロード』山口智充 「挫折を経験した時、どう乗り越えるか、子どもたちへの良い教科書に」
【インタビュー】『カーズ/クロスロード』山口智充 「挫折を経験した時、どう乗り越えるか、子どもたちへの良い教科書に」
 ディズニー/ピクサーの人気アニメーション映画『カーズ』が2006年に公開されてから11年。シリーズ第3作『カーズ/クロスロード』が7月15日から公開される。華々しく活躍してきた主人公の…

 

 ディズニー/ピクサーの人気アニメーション映画『カーズ』が2006年に公開されてから11年。シリーズ第3作『カーズ/クロスロード』が7月15日から公開される。華々しく活躍してきた主人公の天才レーサー、マックィーンの前に、今回は新キャラクターのストームが立ちはだかる。挫折を経験したマックィーンは、人生の岐路(クロスロード)に立つことに…。第1作から、日本語吹き替え版で、マックィーンを支える陽気なおんぼろレッカー車メーターの声優を務める山口智充に、本作のみどころやメーターの魅力について聞いた。

-最新作『カーズ/クロスロード』を見た感想は?

 まず映像のリアルさが素晴らしいですね。実写のような映像が第1作、第2作にもありましたが、本作ではさらにクオリティーアップしています。特に森のシーンなどは、実写と見間違うほどでびっくりしました。そして、迫力あるスピード感は、途中からアニメという感覚がなくなっていくほどすごかったです。本作は、テンポの良さや、レース部分が大きな軸になっているので、エンターテインメントとしても多いに楽しめました。

-主人公のマックィーンから感じたことを教えてください。

 マックィーンに関しては、ついにこういう時代がやってきたかと…。今回は、マックィーンの生きざまが描かれた人間くさい物語がリアルに描写されていると思います。シリーズの年月の経過とともに、ベテランになったマックィーンが人生の岐路に立たされますが、芸能界においても同じで、共感しながら見させていただきました。人生には「老い」が必ずやってきますが、車もそうなんですよね。年式が古くなると老いてくる。改めて車と人間は似ているなと思いました。

(更新日:2017年7月12日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME