top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

伏線に気づくかな?どんでん返しにビックリ「映画「アフタースクール」」(2008)

エンタメウィーク(映画)

伏線に気づくかな?どんでん返しにビックリ「映画「アフタースクール」」(2008)(C)エンタメウィーク(映画) 母校の中学校に勤める教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る見覚えのない男が現れる。現在は探偵だという彼は、同じく神野の同級生で親友の木村を探しているという。神野は成り行きから木村の捜索に協力することになってしまい……。

解説

母校の中学校に勤める教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る見覚えのない男が現れる。現在は探偵だという彼は、同じく神野の同級生で親友の木村を探しているという。神野は成り行きから木村の捜索に協力することになってしまい……。劇場長編デビュー作「運命じゃない人」がカンヌ国際映画祭にて4冠に輝くという快挙を達成した内田けんじ監督が、練り込まれた脚本と卓越した構成力で描いたサスペンス・コメディ。
(提供元:映画.com 作品画像:(C)2008「アフタースクール」製作委員会)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑角亭 福さん ★★★★★

内田けんじ監督というと「鍵泥棒のメソッド」が有名ですが、個人的には本作の衝撃が忘れられません。前情報を得ずに観るのが一番良いかもしれないので、最低限のことだけを書かせてもらえれば、「とにかく騙された!」につきます。しかも、そういうことか! と理解したと思っているにもかかわらず、また騙される。脚本がとにかくよくできていて、二度観るとすべててのつじつまがあっているんです。まさに伏線てんこもりのどんでん返し映画です。

細かいセリフ回しなどが秀逸なのはいうまでもなく、キャスティングが完璧だからここまでの域に達したと思います。巻き込まれやすい困り顔の大泉洋、笑っているけど本心がわからない、色気たっぷりアウトローな佐々木蔵之介。この説明だけで、観る前からもう作品の映像が目に浮かびませんか!? 本作の佐々木蔵之介が、とにかくクズでダメンズの塊のような男なのですが、それがまたかっこいい。そして彼に振り回される大泉洋。この二人の凸凹コンビ具合を見ているだけでもおもしろいです。最近の邦画にはなくなってしまった楽しさがある一作。内田監督、また新作撮ってください!


「映画「アフタースクール」【TBSオンデマンド】」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル