top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

思わず号泣!「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」(2001)

エンタメウィーク(映画)

思わず号泣!「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」(2001)(C)エンタメウィーク(映画) “20世紀博”というテーマパークにハマっていたひろしとみさえが、大人であることを放棄ししんのすけとひまわりの前から姿を消した。いや、ひろしとみさえばかりではない、春日部中の大人たちがいなくなってしまったのだ。そしてその夜、ラジオから“イエスタディワンスモア”と名乗る組織のリーダーであるケンとチャコが、見捨てられた子供たちに投降するよう呼びかけてきた。

解説

“20世紀博”というテーマパークにハマっていたひろしとみさえが、大人であることを放棄ししんのすけとひまわりの前から姿を消した。いや、ひろしとみさえばかりではない、春日部中の大人たちがいなくなってしまったのだ。そしてその夜、ラジオから“イエスタディワンスモア”と名乗る組織のリーダーであるケンとチャコが、見捨てられた子供たちに投降するよう呼びかけてきた。実はケンたちは、21世紀=未来に希望を持てなくなった大人たちを洗脳し、大人だけの楽園”オトナ帝国“建設を企んでいたのだ。このままでは、未来がなくなってしまう! しんちゃんを初めとするカスカベ防衛隊は、ケンたちの計画から大人たちと自分たちの未来を取り戻すべく20世紀博へ乗り込むと、“20世紀の匂い”にどっぷり浸かり童心に帰っていたひろしとみさえを“ひろしの強烈な靴下の匂い”で洗脳から目覚めさせ、家族一同力を合わせてケンの計画を阻止してみせる。こうして、未来はしんちゃんたち子供の手に託されることとなり、春日部の町にも平和が戻るのであった。
(提供元:映画.com 作品画像:(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2001)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんの評価 ★★★★★

なんとなく、「クレヨンしんちゃん」って子どもが見るものかなと思っていままで敬遠していました。でも、たまたま知り合いにお勧めされて見てみたら……。良い意味で、かなり裏切られました!お尻出して踊っている5歳児の話かと思ったら、意外や意外、「愛」や「家族」をテーマとした物語だし、何より大人だからこそ刺さる「ノスタルジー」も大きな主題になっていてとにかく泣けるんです!しんちゃんをはじめとする子供たちからしたら、何故大人が二十世紀博に惹かれるのかわからない。だから、子どもの目線からは単純に親と離れ離れになるのが怖い、と感じるかもしれません。でも、大人が観るとやはり父親のヒロシや母親のミサエに共感して仕方ない。過去を懐かしみつつ、でも振り返ってばかりはいられない。未来を作らなければいけないという大きなメッセージが含まれている──この映画、深すぎる……。終盤、何度泣いたかわかりません。クレヨンしんちゃんを今まで観たことがなかったり、興味がなかったりした人にこそ、見て欲しい一作です。本当に印象が変わりました。

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル