top_line

写真撮影、クリエイターにスマホからギフトを送ることが可能など、新たな試みを行うkarinプロデュース舞台『poolside -karin-』が上演

SPICE

写真撮影、クリエイターにスマホからギフトを送ることが可能など、新たな試みを行うkarinプロデュース舞台『poolside -karin-』が上演


2020年4月21日(火)~2020年4月26日(日)シアター711にて、舞台『poolside -karin-』が上演されることが決定した。

本作はpoolside合同会社による公演。poolside合同会社は、イベント企画、プロデュース、飲食店運営、劇団企画運営をメインに事業を展開。また、劇団poolsideとは「演劇にできることはまだある」をコンセプトにプロデューサーのkarinによって旗揚げされた、新しい劇団だ。karinを筆頭に、25歳以下のメンバーを中心とした新進気鋭の演出家や脚本家と手を組み旧来の場所や仕組みに囚われない、アップデートされた舞台を創造していく、とのこと。

演出は増田朋弥、作本は三谷伸太朗、竹知佑輔、karinが務める。そして、出演者は新谷姫加、大石楓夏、岡本尚子。

増田朋弥 コメント


増田朋弥



初めまして、今回演出を担当します増田朋弥と申します。先月初めて舞台の作演出をやらせて頂きました 今回演出は二作品目となります。その中で今回は「挑戦」だと思っております。「闘い」だと思っております。まず開演中、お客様の携帯電話の操作が可能な事、リアルタイムで感想を呟ける事、ギフトがその場で送れる事、そしてそれが舞台上に即反映される事、などなど劇団出身の私にはあり得ない事が前提とされています。アナログ出身の身として正直な事をお話し致しますと、怖いです。 演劇が壊れてしまうのではないか、お芝居をちゃんと観て頂けないのではないか、そう考えました。けれど、こうも考えました。何事も新しい事を始める時には恐怖感があるのではないか、自分の好きな、得意な事ばかりやっていても何も成長しないのではないか。 そう思いました。地球で最初にタコを食べようと思った人、バナナを剥こうとした人、 どちらも怖かったに違いありません。自分の持てる物を全て発揮し、「舞台は役者のモノ」という概念は変わらないのでひたすらに、彼女達3人がひたすらに、舞台上で輝けばと思います。舞台上でキラキラと輝く3人からどうぞ、新しい力を感じて頂ければと思います。

新谷姫加 コメント


新谷姫加



姫野りな役の新谷姫加です。
今回は役者3人という初めての形式や普通の舞台とは違う色々な事があって不安もあり楽しみもありドキドキしてます。今までやった事の無い役で違う自分を見つける事が出来そうで演じるのが楽しみです。素敵な方々と作る新しい舞台、沢山の方に届けたいです。今気持ち的にも落ち込んでる人やストレス社会でストレスが溜まってる人も多いと思います。なので皆さんの息抜きに少しでもなれれば嬉しいです。最高な舞台にします!
よろしくお願いします。

大石楓夏 コメント


大石楓夏



はじめまして。大谷菜摘役の大石楓夏です。
今回は“新しい”がたくさん詰まっており、これまでの舞台とは常識が覆されるものになっていると思います。また、私にとっては初めての舞台となります。 新しい形式と初舞台とで、 私自身すこし不安もありますが、それ以上にどきどきやわくわくが溢れています。
素敵な舞台にしたいです。いや、絶対します! 頑張りますのでどうかよろしくお願いします!

岡本尚子 コメント




岡本尚子



今回の舞台は、演出家も出演者も25歳以下という若者達で作る作品です。
他にも今まで体験したことのないような新しい舞台の演出が沢山あるので、これらが一体どんな化学反応を起こすのか今から物凄く楽しみです! もしかしたらありえたかもしれない人生の可能性を、同じ3人の役者で描いた、それぞれが主演を務めます3つのオムニバスストーリーを是非お楽しみください!

 

【ストーリー】
現代に生きる3人の女の子、 姫野りな、 橋本恵梨香、 大谷菜摘。
もしも今ここにいる自分が、 たくさんある可能性のうちの、 ほんのひとつに過ぎないとしたら──?
姉妹の家に招き入れた女の事情がもたらすドタバタ劇「ワケありの女」。
説教のために呼び出した後輩が奇妙な告白を始める物語「忘れられた仕事」。
就活の不安の中で自分らしさとは何かに悩む女の子を描いた「音楽と表情」。
もしかしたらありえたかもしれない人生の可能性を、 同じ3人の役者で描いた、
新進作家たちが挑む3つのオムニバス・ストーリー。



舞台『poolside -karin-』の特徴

■舞台上演中の携帯使用可能
一部シーンにて写真撮影が可能。 (携帯電話に限る/動画不可)

■LINEPAYによる演出
お手持ちのスマートフォンのLINEPAYから支援したいクリエイターたちにギフト送ることができる。 出演者のみに限らず、 プロデューサー、 演出者、 その他スタッフにも支援可能。
詳細: https://www.poolside.co.jp/details

■感想をリアルタイム投影
Twitterにて「#karin」と呟くと、 リアルタイムで劇場内に投下され、 タイムラインを追いながら劇が進んでいく。

■演出家及び主演キャストが25歳以下
若くてエネルギーのある新進気鋭のクリエイターたちが新しい舞台へ挑戦。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル