top_line

「ドラマの顔は二階堂ふみちゃん」窪田正孝(古山裕一)【「エール」インタビュー】

もっとエンタメ

 「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など昭和の音楽史を代表する楽曲を生み出した作曲家・古関裕而と妻で声楽家の金子をモデルに、激動の昭和の時代を音楽とともに生きた夫婦の姿を描く連続テレビ小説「エール」。主演の窪田正孝は「ドラマの顔はふみちゃん」と、朝ドラ初出演で、自身が演じる古山裕一役の妻・関内音役の二階堂ふみを立てる。窪田が、二階堂と作り上げる“同業夫婦”について、また、作品に込めた思いや、撮影中のエピソードなどを語った。

-玉山鉄二さん主演の「マッサン」以来、6年ぶりに男性が主人公の朝ドラですが、意気込みをお聞かせください。

 僕は、このドラマの顔はふみちゃんだと思っているので、彼女が一番輝ける瞬間をたくさん作っていきたいです。なので「主役だから…」という気負いはありません。ただ、主演が決まったときは、家族や親戚が喜んでくれて、僕もワクワクしたので、家族はもちろん、視聴者の方にも楽しんでもらえるドラマを目指したいです。

-「ゲゲゲの女房」「花子とアン」に次ぐ朝ドラ出演ですが、久しぶりの現場はいかがですか。

 朝ドラは、基本的に月曜日から金曜日まではスタジオ撮影、土日は休みと決まっていて、会社員のような生活になりますが、僕としてはリズムが決まっている方が楽なので助かっています。現場は、皆さんが生き生きとして笑いが絶えず、音楽があるシーンではキャストはもちろん、カメラマンもカメラをのぞきながらリズムを取るほど一体感があります。

-裕一役にはどのようにアプローチしていきましたか。

 古関さんの関係者や知人の方に話を聞く機会がありましたが、誰も彼のことを悪く言い方はいませんでした。それが全てだと考え、役作りの肝にしました。無邪気で人を憎まず、もし怒る瞬間があっても、後に怒りを愛情に変えていく素晴らしい人格者だと思います。また、戦争を体験し、人の痛みを肌で感じとっていたからこそ、人に寄り添う音楽を作ることが古関さんにとっての一番の幸せになったのではないでしょうか。そんな音楽の力で人々を優しく包み込む姿を大切にしようと思いまし…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル