top_line

カンニング竹山、志村けんの感染公表に「ひと言」 称賛の声相次ぐ

ニュースサイトしらべぇ

25日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)に、タレントのカンニング竹山が出演。同日、タレントの志村けんが、新型コロナウイルス陽性で入院中であると公表されたことに言及した。


■“師匠”の無事回復を祈る

番組では、現在報道されている内容を整理したうえで、関係者から最近の志村の行動範囲などについても紹介された。

コメントを求められた竹山は「何よりも、師匠がまず元気でお戻りになることを願います」と、志村の無事を祈った。

そして、志村が新型コロナウイルスへの感染リスクが高い場所へ顔を出していたなど、特別な生活を送っていたわけではなかったことを強調し、「日常生活を送っていて、どこかでウイルスが入り込んでいる」ことを改めて実感したと語る。


関連記事:近藤春菜、志村けんとの直近収録日や様子明かす 「びっくりして…」

■「警鐘」として捉えるべき

竹山は、続けて「『友達とか知り合いはかかってないから、大丈夫じゃない?』って勝手に言ってますけど、いや、そうじゃない」と強調。

志村の公表を受けて、「巷に(ウイルスが)あるんだっていうことを、やはり師匠のような著名人が感染したことをきっかけに、我々ももっと考えなきゃいけない」「今グッと我慢して止めなきゃもっと広がるんだっていう、“警鐘”として考えたほうがいいと思う」と訴えかけた。


■「その通り」称賛の声多数

生放送で熱く訴えかけた竹山の発言には、視聴者からも「カンニング竹山さん、よく言ったよ!」「竹山さんの言うとおり 今こそ、警戒すべき」など、多くの称賛の声があがっている。

その一方で「自粛疲れ」などと、緊張感が緩んでいる状況は否めないだろう。志村と同じく、感染ルート不明の発症例も報道されており、どこにウイルスが潜んでいるか分からない以上、我々一人ひとりが最大限の警戒・対策をしていくべきだろう。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル