top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

約60%の女性が、マネ活で得た利益はいくら? 始めたきっかけ・難しさの実態

マイナビウーマン

「マネ活」の難しさは、まず始めるにあたっての「専門知識の勉強」、そして実際に始めてからの「取引のタイミング」という方が多くいらっしゃることがわかりました。“タイミング”をつかむ手助けをしてくれるもののひとつに、「自動売買(システムトレード)」があります。

「自動売買(システムトレード)」は、株式などの投資商品の取引をする際、あらかじめ設定しておいたルールに従って継続的・機械的に取引を行う投資方法です。さまざまなシステムがあるので、それを契約すればすぐにでも「自動売買(システムトレード)」を始められ、自分の意思で取引する「裁量トレード」とは異なり、感情に左右されないことや24時間自動で取引してくれることなどのメリットがあります。

では実際に「自動売買(システムトレード)」を利用している人はどのくらいいるのか、「自動売買(システムトレード)で取引を行ったことはありますか?」と質問したところ、8割以上の人が「ない(83.2%)」と回答しました。

取引のタイミングが難しいと感じているものの、自動売買(システムトレード)でその問題を解決している方は少ないようです。

実際の利益と今後の見通しは?

「これまでに得た『マネ活』での利益を教えてください」と質問したところ、「3万円未満(58.8%)」という回答が最も多く、次いで「3万円以上10万円未満(19.5%)」、「30万円以上(10.1%)」、「10万円以上20万円未満(7.8%)」、「20万円以上30万円未満(3.8%)」と続きました。

広告の後にも続きます

6割近くの人が「3万円未満」の利益に留まっている反面、「30万円以上」利益を生んでいる人も1割以上いることが分かりました。結構差が大きいようです。

では、今後の見通しはどうなのでしょうか?「『マネ活』で年間どのくらい利益が出そうですか?」と質問したところ、「3万円未満(56.7%)」という回答が最も多く、次いで「3万円以上10万円未満(26.0%)」、「10万円以上20万円未満(9.1%)」、「30万円以上(5.0%)」、「20万円以上30万円未満(3.2%)」と続きました。

投資額によっても利益額は大きく変わりますが、「少額でも堅実に利益を出したい」と考えているのかもしれませんね。

「マネ活」に関する調査 調査期間:2020年3月3日~ 2020年3月5日 調査方法:インターネット調査 調査人数:1,026人 調査対象:20代~40代の「マネ活女子」

(マイナビウーマン編集部)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル